地方経済

【インタビュー】イオン傘下入りの理由は フジ 山口普社長

2021/10/16 13:33
「双方の良いところを集め、より良い店をつくる」

「双方の良いところを集め、より良い店をつくる」

 ▽20年後に勝ち残る条件 規模の拡大、メリットに

 中四国地方でスーパーを展開するフジ(松山市)が、マックスバリュ西日本(MV西、広島市南区)と経営統合して流通大手イオン(千葉市)の傘下に入る。フジの山口普社長(62)は「統合で瀬戸内圏を色濃く押さえられる規模と店舗網ができる。勝ち残る前提条件が整う」と力を込める。(筒井晴信)

【関連】フジがイオン傘下へ 進む人口減、協業を加速

【関連】天満屋、緑井店をフジに売却へ 広島市から撤退

 ―2024年3月をめどにしたMV西との合併を9月に発表しました。なぜ経営統合を決めたのですか。
(ここまで 263文字/記事全文 1178文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • キャンペーン

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日の経済ニュースの記事
一覧