地方経済

赤マントの男、その名は「ノー残業仮面」 光の巽設計コンサルタントに参上 「本人が一番残業」とも…

2021/10/18 20:56
「早く帰りましょう」と職場で呼び掛けるノー残業仮面

「早く帰りましょう」と職場で呼び掛けるノー残業仮面

 静かなオフィスに突如現れ「早く帰りましょう」と声を張り上げる。赤のマントをまとった男の名前は「ノー残業仮面」。巽設計コンサルタント(光市)の本社で毎週水曜日に繰り広げられる光景だ。

 初登場は昨年12月。「楽しみながら働き方改革を定着できないか」。悩む光井謙二社長の前にヒーローはやってきた。約50人の職場は冷笑に包まれたが、仮面のデザインを毎週変える必死な姿に少しずつ早帰りの協力が広がった。

 始業時間の30分後ろ倒しや資格取得ボーナス導入など働き方改革が評価され、同社は山口県から今月表彰を受けた。改革担当の静野邦彦次長は「ノー残業仮面の正体は不明。ただ、本人が一番残業していると社内で言われないかびくびくしているみたい」と代弁する。新作の仮面を持って給湯室に消えていった。(川上裕)

【おすすめ記事】ヒーロー「ちゃりん者(ジャー)」に変身 その正体は…山口大教授


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日の経済ニュースの記事
一覧