地方経済

リョービ、通期下方修正 半導体不足響き6億円の赤字に

2021/10/20 13:00

 アルミダイカスト製品など製造のリョービ(府中市)は19日、2021年12月期の連結業績の予想を下方修正し、純損益が6億円の赤字になる見通しを示した。半導体不足の長期化や新型コロナウイルスの感染再拡大に伴い、自動車向けの部品供給が減少。原材料のアルミ価格の上昇が続いていることも響いた。
(ここまで 143文字/記事全文 395文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • キャンペーン

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日の経済ニュースの記事
一覧