地方経済

ファッションこそSDGs「どう作られたかが大切な時代」

2021/11/19 10:21
長じゅばんからできた産着やハーフパンツを説明する勝矢和裁の東取締役

長じゅばんからできた産着やハーフパンツを説明する勝矢和裁の東取締役

 国連の「持続可能な開発目標(SDGs)」への関心が高まる中、中国地方のファッション関連メーカーが、廃材を使うなど環境に配慮した商品を相次ぎ開発している。瓶の破片からビーズを作ったり、古着を染め直したりと工夫を凝らし、SDGsに取り組む企業や消費者に売り込む。

【STUのStep SDGs】サステナブルなファッション作った
(ここまで 149文字/記事全文 943文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする
  • キャンペーン


この記事の写真

  • 使用済みの瓶の破片を原材料にしたトーホーのガラスビーズ(手前)
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日の経済ニュースの記事
一覧