地方経済

「舶用マイスター」にミカサの北木さん 社内随一の技、後進育成も

2021/12/6 22:52
旋盤を使う部下(右)を指導する北木さん

旋盤を使う部下(右)を指導する北木さん

 競技用ボールなど製造のミカサ(広島市安佐北区)で、船舶用部品製造の管理責任者を務める北木剛さん(51)が、本年度の「舶用マイスター」に選ばれた。日本舶用工業会(東京)が熟練技能者を認定する制度で、同社初。全国471人のマイスターの一人として「技術をさらに磨き、部下にも伝えたい」と誓う。
(ここまで 144文字/記事全文 564文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日の経済ニュースの記事
一覧