地方経済

広島の老舗・陽気のラーメン持ち帰りいかが 本店隣に専門店、来春にも【コロナ危機 苦境を越える】

2021/12/7 22:01
店内で売るラーメン(右)と持ち帰りセット

店内で売るラーメン(右)と持ち帰りセット

 広島市中区江波南の老舗ラーメン店「中華そば陽気」が来春にも、持ち帰り専門店を本店隣に併設する。新型コロナウイルス禍で売り上げが減っており、経営のてこ入れを図って伝統の味を守る。持ち帰り専用メニューとして新たにチャーシュー丼も売り出す。

料理・食材50品、プロの味扱う自販機登場 広島の金座街商店街に「ドクターごはん」オープン

スイーツ自販機・ギョーザ無人販売…コロナ禍で対面せず店の味、備後に広がる

 本店兼住居の建物のうち、住居の1階部分を改修する。持ち帰り用の入り口や待ち合いスペースを用意し、冷蔵・冷凍設備などを置く。冷凍スープや生麺、チャーシューなどの具材を詰め合わせた持ち帰りセットを売る。価格は店内のラーメンと同じ650円。

▽チャーシュー丼も
(ここまで 323文字/記事全文 680文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする


この記事の写真

  • 1958年から営業する中華そば陽気。左側1階を改修して持ち帰り専門店を併設する
  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日の経済ニュースの記事
一覧