地方経済

広島県内の飲食店「想定外」の人手不足 IT化の動きも

2021/12/13 21:47
人手不足の中、ヤゲンが導入したシステム。スマホの画面から注文する(撮影・山崎亮)

人手不足の中、ヤゲンが導入したシステム。スマホの画面から注文する(撮影・山崎亮)

 新型コロナウイルスの感染状況が落ち着く中、広島県内の飲食店の求人が回復している。年末需要も重なり、一部の店ではアルバイトやパートの人手不足が深刻化。スマートフォンで注文を受けるなどIT化を進める動きも広がっている。

【関連】焼き肉店、福山に続々 高品質/精肉店に併設/業態転換…

【関連】松葉ガニ、超高騰で旅館・飲食店悲鳴 鳥取、単価2倍に

 「ここまで人が集まらないのは想定外」。広島市内で居酒屋を運営する会社の社長は明かす。9月末に全国で緊急事態宣言が解除された後、営業の再開に向けてアルバイト4人分の求人を出した。しかし応募はゼロ。人手が足りず、店の再開は展開する2店のうち1店にとどまった。

 ▽「別の業種で働きたい」と…
(ここまで 312文字/記事全文 1070文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日の経済ニュースの記事
一覧