地方経済

開発進む次世代燃料の船舶、転換視野にドック拡張 三和ドック、6月にも着手

2022/1/15 13:00
海側(奥)を埋め立て、敷地などを広げる予定の三和ドックのドック

海側(奥)を埋め立て、敷地などを広げる予定の三和ドックのドック

 船舶修繕の三和ドック(尾道市)は6月にも、本社にあるドックと敷地の拡張工事に着手する。2025年の完成を目指し、投資額は十数億円になる見通し。船舶の受け入れ能力を強化するとともに、脱炭素に向けて開発が進む次世代燃料を使った船の整備スペースを確保する。
(ここまで 126文字/記事全文 556文字)

会員限定の記事です
  • 無料登録して続きを読む
  • ログインする


この記事の写真

  • 無料登録して写真を拡大
  • ログインする
  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

同じ日の経済ニュースの記事
一覧