ニュース

社会

  • 18日にかけて大雪の恐れ (2/17)

     気象庁は17日、発達した低気圧や強い冬型の気圧配置の影響で、北日本から西日本では18日明け方にかけて非常に強い風が吹いて大しけとなり、18日にかけて大雪になる所があるとして、暴風雪や暴風、高波、大雪...

  • 競馬関係者が不正受給か (2/17)

     茨城県美浦村と滋賀県栗東市にある日本中央競馬会(JRA)のトレーニングセンターで働く多数の調教助手や厩務員らが、新型コロナウイルス対策の国の持続化給付金を不正受給した疑いがあることが16日、関係者へ...

  • 尖閣「漁できる環境にない」 (2/16)

     15日から沖縄県・尖閣諸島周辺の領海内で操業した漁船が16日夜、石垣島に帰港し、乗船していた仲間均石垣市議(71)は中国海警局の船2隻について「40〜50メートルの距離まで近づいてきたこともあった。...

  • 専門学校で職員刺されけが、大阪 (2/16)

     16日午後2時50分ごろ、大阪市中央区大手通の大阪外語専門学校で、女性職員(49)=大阪市生野区=が背中を刺され、倒れているのが見つかった。直後に同校関係者の男性が建物内で血の付いた果物ナイフを持っ...

  • 高齢男性自宅で刺され死亡、千葉 (2/16)

     16日午後0時15分ごろ、千葉県柏市塚崎の住宅で「男性が血を流して倒れている」と通報があり、住人の90代ぐらいの男性が刃物で背中を刺されているのが見つかった。男性は搬送先の病院で死亡が確認された。県...

  • 厳寒に耐え、急ぐ生活再建 (2/16)

     福島、宮城両県で最大震度6強の揺れに見舞われた被災地は16日、厳しい寒さが続く中、住民が生活再建を急いだ。住宅被害が1300棟と突出して多い福島県新地町では、災害ごみ置き場に足を運ぶ姿が目立った。1...

  • 在日評論家の鄭敬謨氏死去 (2/16)

     南北統一運動を長く続け、1989年に訪朝し金日成主席と会談した在日韓国人評論家の鄭敬謨(チョン・ギョンモ)氏が16日、老衰のため横浜市内の自宅で死去した。96歳。現在のソウル出身。葬儀・告別式は近親...

  • 北海道大荒れ、4人けが (2/16)

     急速に発達した低気圧の影響で、北海道では16日、大荒れの天気となった。強風にあおられて転倒し4人がけがをしたり、屋根が剥がれたりする被害があったほか、高潮の影響などで住宅が浸水した。北日本から西日本...

  • 広告会社が協力持ち掛けか (2/16)

     愛知県の大村秀章知事のリコール(解職請求)運動を巡る不正署名問題で、偽の署名を署名簿に書き込むアルバイトの募集に関わったとされる名古屋市の広告関連会社が、事務局に運動への協力を持ち掛けていたとみられ...

  • アムネスティ元局長が提訴 (2/16)

     国際人権団体アムネスティ・インターナショナル日本(東京)の事務局長だった米国人男性が、不得意な日本語での報告を強要されるなどのパワハラを受けて、うつ病を発症した末、解雇されたのは不当だとして、アムネ...