ニュース

文化・芸能

  • 「叫び」落書きの主はムンク本人 (2/23)

     【ロンドン共同】ノルウェーの国立美術館は22日、同国の画家エドバルト・ムンク(1863〜1944年)が代表作「叫び」の作品上に自らが落書きをしていたとの分析結果を公表した。既に見つかっていた落書きの...

  • 仏ダフト・パンクが解散 (2/23)

     【パリ共同】「ワン・モア・タイム」や「ゲット・ラッキー」などの世界的ヒット曲や、トレードマークのヘルメット姿で知られるフランス発のダンスミュージックの人気デュオ「ダフト・パンク」が22日、ユーチュー...

  • 関西将棋会館が高槻市へ移転 (2/22)

     日本将棋連盟は22日、東京都内で臨時総会を開き、大阪市福島区の関西将棋会館を大阪府高槻市へ移転することを決めた。同会館は1981年の建設で、老朽化が著しいため。新会館は2023年度中の完成を目指す。...

  • 中公新書が累計1億部に (2/22)

     中央公論新社は22日、同社発行の「中公新書」が24日発売の新刊で累計1億部を突破すると発表した。1962年11月に創刊。「理科系の作文技術」など2冊は100万部を超えている。 同社によると、81年発...

  • 奈良・金峯山寺「力士立像」公開 (2/22)

     奈良国立博物館で金峯山寺(奈良県吉野町)の重要文化財「木造金剛力士立像」の公開が始まるのに先立ち22日、法要が営まれ、関係者に公開された。 力士立像は「阿形」と「吽形」の2体で、高さ約5m。ヒノキや...

  • 水川あさみ「ともに進化」 (2/22)

     資生堂の日焼け止めブランド「アネッサ」の新ミューズ就任発表会がオンラインで開かれ、俳優の水川あさみと池田エライザ、モデルのトラウデン直美が登場した。水川は「アネッサは私が学生時代から、ともに進化し続...

  • 五代目文枝さん作「熊野詣」上演 (2/21)

     上方落語の名手として知られた五代目桂文枝さん(2005年死去)が、熊野古道の世界遺産登録に合わせて04年に創作した「熊野詣」を、弟子の桂枝曾丸さん(52)が21日、和歌山市民会館(和歌山市)で演じた...

  • 作曲家の尾高惇忠氏死去 (2/21)

     尾高 惇忠氏(おだか・あつただ=作曲家、東京芸大名誉教授)16日、大腸がんのため東京都内の病院で死去、76歳。東京都出身。葬儀は近親者で行った。喪主は長男直浩(なおひろ)氏。 東京芸大、パリ国立音楽...

  • 古代文字2種使い、岩に労働記録 (2/21)

     エジプトにある紀元前3世紀ごろの採石場遺跡に、ギリシャ文字とエジプトの民衆文字の両方で、労働の記録を書いた岩が複数残っている。重労働の現場で、ギリシャ人とエジプト人が共生していたことがうかがわれ、調...

  • 渡辺が勝ち1勝1敗に (2/20)

     将棋の渡辺明棋王(36)に糸谷哲郎八段(32)が挑戦している第46期棋王戦(共同通信社主催)5番勝負の第2局は20日、金沢市の北國新聞会館で指され、午後5時6分、90手で後手の渡辺棋王が勝ち、1勝1...