ニュース

科学・環境・医療

  • 豪でもオミクロン株確認 (11/28)

     【シドニー共同】オーストラリア東部ニューサウスウェールズ州は28日、同州にあるシドニーの空港にアフリカ南部から到着した2人が、新型コロナウイルスの新変異株オミクロン株に感染していることを確認したと発...

  • 東京で9人感染、死者なし (11/28)

     東京都は28日、新型コロナウイルスの感染者が新たに9人報告されたと発表した。直近7日間を平均した1日当たりの新規感染者数は14・1人で、前週比は81・5%。入院患者のうち重症者は前日と同じ7人。新た...

  • 兵庫丹波で新種トカゲ化石を発見 (11/28)

     兵庫県立人と自然の博物館は、同県丹波市にある1億1千万年前(白亜紀前期)の地層からトカゲの化石を見つけたと28日までに発表した。ドクトカゲの仲間「モンスターサウリア類」の新属新種で、世界最古という。...

  • 国交省、海草のCO2吸収量算出 (11/28)

     国土交通省は、全国125の主要な港湾で温暖化対策を進めるため、海草や藻類が吸収する二酸化炭素(CO2)量を本年度内に算出する。来年度から港湾ごとに策定する脱炭素化計画に反映させる。藻場や干潟の保全、...

  • 国産ワクチン競争、トップ交代 (11/28)

     大阪大発の製薬ベンチャー、アンジェス(大阪府茨木市)が進めていた新型コロナウイルスワクチンの治験で有効性が確認できず、実用化の時期を2021年から23年に先送りした。国内でいち早く臨床試験(治験)を...

  • 「雪で音小さく」解明へ (11/28)

     雪が降ると音が聞こえにくくなるのはなぜか―。豪雪地帯にある山形大大学院理工学研究科(山形県米沢市)の研究グループが、広く知られる「雪と音の関係」について科学的な解明を進め、特に高音が聞こえにくくなり...

  • 処理水放出、政府が海の観光支援 (11/28)

     東京電力福島第1原発の処理水の海洋放出で懸念される海のレジャーへの風評被害払拭のため、政府は福島県内の海水浴場の施設改修や観光PRなどの支援に乗り出す。海の魅力を楽しむ滞在型の旅行「ブルーツーリズム...

  • オミクロン株、欧州で拡大 (11/28)

     【ロンドン共同】南アフリカなどで確認された新型コロナウイルスの新変異株オミクロン株の感染が27日、欧州で拡大した。英国、ドイツ、イタリアで新たに確認。英国はイングランドで7月にほぼ撤廃した行動規制を...

  • 米、南アなどに渡航中止勧告 (11/28)

     【ワシントン共同】米国務省は27日、南アフリカなどアフリカ南部8カ国への渡航警戒レベルを4段階のうち最も厳しい「渡航中止」(レベル4)に引き上げた。新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」の...

  • オランダ、南アから陽性者61人 (11/28)

     【ブリュッセル共同】オランダからの報道によると、南アフリカからオランダのスキポール空港に26日到着した航空便2便に乗っていた約620人のうち61人が新型コロナウイルス検査で陽性反応を示した。オランダ...

 あなたにおすすめの記事