ニュース

10万円給付、小規模市町村先行 都市部遅れ、14日で開始2週間

2020/5/13 18:25

 政府の新型コロナ緊急経済対策として1人当たり10万円を配る「特別定額給付金」は、事業スタートから14日で2週間。しかし実際に給付を始めた自治体はまだ少なく、人口規模の小さい市町村が先行、事務負担が重い都市部で遅れる傾向にある。オンライン申請はアクセス集中のためシステム障害が起きるなど課題も浮かび、国民に現金が行き渡るにはなお時間がかかりそうだ。

 給付金の申請は郵送とオンラインの2通り。13日時点の総務省集計によると、全1741市区町村のうち、申請書の郵送を始めたのは650で、給付開始は100。オンライン申請を始めたのは1526で、給付開始は249だった。


 あなたにおすすめの記事

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

新型コロナの最新記事
一覧

  • 白鵬、コロナで出稽古なし戸惑う (7/6)

     大相撲の横綱白鵬が6日、電話での代表取材に応じ、2場所連続45度目の優勝を目指す7月場所(19日初日・両国国技館)への思いを語った。2007年名古屋場所で新横綱に昇進してから14年目に入る第一人者は...

  • 国内で新たに176人感染確認 (7/6)

     国内では6日、新たに176人の新型コロナウイルスの感染者が確認された。累計の感染者数は1万9942人となった。クルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」の乗客乗員を含めると2万654人。死者は埼玉で新た...

  • 米国務副長官、9日来日へ (7/6)

     外務省は6日、米国の北朝鮮担当特別代表を兼務するビーガン国務副長官が9〜10日の日程で来日すると発表した。北朝鮮や国家安全維持法が施行された香港情勢を巡り、秋葉剛男事務次官らと協議する。 日本政府は...

  • 2013年に類似ウイルス確認か (7/6)

     【ロンドン共同】5日付の英紙サンデー・タイムズは、新型コロナウイルスに非常に似たウイルスを、中国湖北省武漢市の中国科学院武漢ウイルス研究所が2013年に確認していたと報じた。この類似ウイルスが原因と...

  • インドの感染者、70万人に迫る (7/6)

     【ニューデリー共同】インドの新型コロナウイルス感染者が6日、累計で69万7千人を超えた。ロシアを抑え、米国、ブラジルに次いで国別で3番目の多さになった。 13億人超と世界2位の人口を抱えるインドでは...