ニュース

若い世代の睡眠増え8時間に スマホで「寝落ち」が影響か

2020/6/29 8:46
 若者の睡眠時間の推移

 若者の睡眠時間の推移

 20代から30代前半の若い世代の睡眠時間がこの10年間に1割程度増え、約8時間になったことが29日、ビデオリサーチと電通の調査で分かった。就寝時間が早まったためで、仕事や夜遊びより自宅で過ごす生活様式の変化などに加え、横になってスマートフォンを見ながら眠ってしまう「寝落ち」が影響している可能性を両社は指摘する。

 ビデオリサーチは毎年6月、首都圏の約5千人(2013年まで約2千人)を対象に、電通が分析している。

 20〜34歳の男性の睡眠時間は09年に平均7時間11分だったが、19年は7時間55分。同年代の女性も、7時間19分から7時間59分へ増えた。


 あなたにおすすめの記事

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

暮らし・話題の最新記事
一覧

  • 平和願うポスター、広島市に贈呈 (7/8)

     日本グラフィックデザイナー協会(東京)などが8日、核兵器廃絶と平和を国内外に訴えるポスター「ヒロシマ・アピールズ」の今年の作品を広島市の松井一実市長に贈呈した。 企画は1983年に始まり、23作目と...

  • 政府、少人数・遠隔教育整備へ (7/7)

     政府が経済財政運営の指針として今月中旬に決定する「骨太方針」の教育分野に関する原案が7日、関係者への取材で分かった。新型コロナウイルス感染症による休校長期化で学習の遅れが生じたことを踏まえ、デジタル...

  • 自律走行ロボ地下街消毒、名古屋 (7/7)

     ロボット開発のベンチャー企業「ZMP」(東京)は7日、名古屋駅の地下街「エスカ」で、自律走行するロボットが地下街を巡回しながら消毒液を散布する実証実験を報道陣に公開した。新型コロナウイルス対策として...

  • 琵琶湖で「非密」の花火 (7/7)

     滋賀県彦根市の琵琶湖で7日、新型コロナウイルスに苦しむ社会を元気づけようと彦根にゆかりのある有志6人が花火を打ち上げた。日時や場所を告知せず、人が集まらないよう工夫した「非密」のイベントだ。今後はク...

  • 絵とことば、テーマに (7/7)

     「絵」と「ことば」をテーマにした美術館「PLAY! MUSEUM(プレイミュージアム)」が東京・立川にオープンした。作品や映像の世界を自由に感じたり、新たな発見をしたりしながら、さまざまな体験ができ...