ニュース

地球環境、劇的に改善 コロナ対策でCO2排出減

2020/7/11 8:52
 インド首都ニューデリーの観光名所「インド門」の上に広がる青空=6月11日(ゲッティ=共同)

 インド首都ニューデリーの観光名所「インド門」の上に広がる青空=6月11日(ゲッティ=共同)

 新型コロナウイルスの世界的流行に伴う外出制限や営業規制で二酸化炭素(CO2)の排出量が激減し、地球環境が劇的に改善している。アジア各国で大気汚染が急減し、欧米諸国では観光客らの減少で河川の水質が向上したとの報告が相次ぐ。

 各国で経済再開が進み、逆流が懸念される中、スウェーデンの環境活動家グレタ・トゥンベリさんは緊迫感を持って温暖化対策に取り組むよう要求。国連も「温暖化は続いている」と警告し、脱炭素化と経済発展の両立を訴えている。


この記事の写真

  •  大気汚染が進み、煙霧に覆われたインド首都ニューデリーの観光名所「インド門」=2019年11月(ゲッティ=共同)

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

 あなたにおすすめの記事

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 国内で新たに1345人感染 (8/5)

     国内では5日、新たに1345人の新型コロナウイルス感染者が確認された。1日当たりの感染者は7月29日に初めて千人を超えた後、8月3日を除き千人を上回る日が続いており、拡大に歯止めがかからない状況だ。...

  • 東京で新たに263人感染 (8/5)

     東京都は5日、新型コロナウイルスの感染者が新たに263人報告されたと明らかにした。直近7日間の平均で1日当たりの感染者数は約346・3人。累計では1万4285人となった。入院患者は前日より93人増の...

  • コロナ対策困難なら帰省控えて (8/5)

     政府の新型コロナウイルス感染症対策分科会の尾身茂会長は5日、お盆休みの帰省について記者会見し、十分な感染症対策ができない場合は、慎重な判断を国民に促すよう政府に提言したことを明らかにした。尾身氏は「...

  • 日本医師会「我慢のお盆休みを」 (8/5)

     日本医師会(日医)の中川俊男会長は5日の記者会見で、新型コロナウイルスの感染再拡大を巡り「我慢のお盆休みとしてほしい。3密を避け、帰省先の医療提供体制を確認した上で行動してもらいたい」と呼び掛けた。...

  • 乳腺炎で母乳にウイルスか (8/5)

     和歌山県で4月、新型コロナウイルスに感染した女性の母乳からウイルスが検出された原因について、県が乳腺炎の可能性が高いと判断したことが5日、県への取材で分かった。乳腺炎を起こしていない別の感染者の母乳...