ニュース

中国に核ミサイル早期警戒網か 「着弾前に核で反撃」と専門家

2020/8/2 21:08
 中国建国70年の軍事パレードに登場した多弾頭型大陸間弾道ミサイル「東風41」。米国のほぼ全域を射程に収め、核弾頭が搭載可能=2019年10月、北京(新華社=共同)

 中国建国70年の軍事パレードに登場した多弾頭型大陸間弾道ミサイル「東風41」。米国のほぼ全域を射程に収め、核弾頭が搭載可能=2019年10月、北京(新華社=共同)

 【北京共同】中国人民解放軍出身の核ミサイル専門家が、敵の発射した核ミサイルを着弾前に探知し、核兵器で反撃する早期警戒システムを中国が備えていると論評で明言したことが2日分かった。世界で米国とロシアしか持っていないと言われる技術。事実なら中国の核戦力を高め、世界の戦略バランスを変える事態になる。

 専門家は楊承軍退役将校。論評は政府系雑誌「祖国」(5月12日電子版)に掲載された。システムは(1)発射直後の初期段階(2)発射後、大気圏外で飛行する中間段階(3)大気圏に再突入後の最終段階―の3段階で核ミサイルを探知。中国の核戦力は米ロに遜色ないと強調している。


 あなたにおすすめの記事

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

国際の最新記事
一覧

  • 北朝鮮が「小型核兵器開発」 (8/4)

     【ニューヨーク共同】国連安全保障理事会の北朝鮮制裁委員会の下で制裁違反の有無を調べる専門家パネルは3日、北朝鮮が核兵器開発を続けており「弾道ミサイルに搭載する小型核兵器を恐らく開発した」と複数の関係...

  • 米ネバダ州も大統領選で郵便投票 (8/4)

     【ロサンゼルス共同】米西部ネバダ州のシソラック知事(民主党)は3日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、11月の大統領選で全ての住民に郵便投票を認める法案に署名した。一方、トランプ大統領はツイッター...

  • 世界で学校通えず2380万人増 (8/4)

     【ニューヨーク共同】国連は4日、新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)に伴う経済的な打撃により、幼児教育施設や学校、大学に通えなかったり、教育を受けられなかったりする人が今年、世界で約23...

  • トランプ氏企業、検察が広範捜査 (8/4)

     【ワシントン共同】米ニューヨーク・マンハッタンの検察当局は3日、トランプ大統領一族が経営する複合企業トランプ・オーガニゼーションに関して、これまでに知られているよりも広範囲の犯罪の疑いを捜査している...

  • 李登輝氏の弔問記帳台設置 (8/4)

     台湾の駐日代表部に当たる台北駐日経済文化代表処は4日までに、東京都港区白金台の代表処内に、7月30日に死去した李登輝元総統の弔問記帳台を設置した。7日まで。受け付けは午前9時〜午後5時。 設置初日の...