ニュース

無認定の「新出生前診断」急増 135施設が実施、出産高齢化で

2020/8/2 21:23
 新出生前診断の違い

 新出生前診断の違い

 妊婦の血液から胎児の染色体異常を調べる「新出生前診断」を学会の認定を受けずに実施する施設が7月上旬時点で少なくとも135施設あることが2日までに、認定施設でつくる「NIPTコンソーシアム」の調査で分かった。厚生労働省の調査では昨年11月時点で54施設だったが、短期間で2倍以上になり、全国に109ある認定施設数を上回った。

 高齢での出産に不安を抱える妊婦の増加が背景にあるとみられ、形成外科や美容外科など産科以外の施設が目立った。

 調査した昭和大の関沢明彦教授は「意味を正確に理解せずに検査を受け、不適切な形での中絶につながりかねない」と懸念を示した。


 あなたにおすすめの記事

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 衆院勤務の医師が感染 (8/4)

     衆院事務局は4日までに、国会内の医務室に勤務する皮膚科の30代の男性医師が、新型コロナウイルスに感染したと発表した。入院しているという。参院事務局は4日、この男性医師は過去14日間、参院には立ち入っ...

  • NY州知事、「失策」と政権批判 (8/4)

     【ニューヨーク共同】米東部ニューヨーク州のクオモ知事は3日の記者会見で、新型コロナウイルス感染が全米で拡大していることについて「現代で最大の失策だ」と述べ、トランプ政権を批判した。 政権が当初、新型...

  • 静岡朝日テレビ社員が感染 (8/4)

     静岡朝日テレビ(静岡市)は4日、営業局に勤務する30代男性社員が新型コロナウイルスに感染したと発表した。 同社によると、社員は7月29日に静岡市で複数人と会食し、今月1日に発熱。当初は風邪と診断され...

  • 「症状あっても仕事」6割 (8/4)

     新型コロナウイルス感染症の流行“第1波”が訪れた今年2〜5月、発熱などの風邪症状があっても約6割の人は仕事に行っていたとのアンケート結果を町田征己・東京医大助教らの研究チームがまとめ、4日までに国際...

  • イラン、感染死者数操作か (8/4)

     【テヘラン共同】英BBC放送(電子版)は3日までに、イラン当局が新型コロナウイルス感染による死者数を操作し、実際より大幅に少なく発表している疑いがあると報じた。感染確認も発表より多いという。イラン保...