ニュース

自転車摘発2万件突破 事故死者の8割に違反

2020/9/25 8:13
 自転車の違反摘発件数の推移

 自転車の違反摘発件数の推移

 全国の警察が昨年1年間に摘発した自転車の違反行為が初めて2万件を超え、2万2859件だったことが25日、警察庁のまとめで分かった。最多は「信号無視」で1万2472件。自転車乗車中の事故死者は427人で、うち329人(77・0%)に法令違反があった。

 健康志向や新型コロナウイルス感染拡大に伴う宅配サービスなどで自転車の利用が増えており、警察は取り締まりを強化。警察庁の担当者は「自転車は軽車両であるという意識が薄いことが違反につながっている」と分析している。

 都道府県別では、兵庫が最多の1万1012件、次いで大阪3872件、東京1793件などの順だった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

社会の最新記事
一覧

  • 宮城沖「おらほの灯」復旧完了 (10/20)

     東日本大震災で被災した航路標識の本格復旧を進める第2管区海上保安本部(宮城県塩釜市)は20日、同県南三陸町沖に灯浮標(照明機能を備えたブイ)を設置した。これにより青森、岩手、宮城、福島の4県で復旧対...

  • 愛知芸術祭巡り実行委反論 (10/20)

     愛知県の大村秀章知事が会長を務める芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」実行委員会が名古屋市に負担金支払いを求めた訴訟で、書面による準備手続きが20日、名古屋地裁であった。実行委側は同日までに、市の...

  • 最大級被爆建物の調査公開、広島 (10/20)

     広島県は20日、広島市内に残る最大級の被爆建物「旧陸軍被服支廠」の耐震性を再調査する様子を報道陣に公開した。2017年度の診断結果に疑義が生じ、今月から始めている。耐震化費用を圧縮できる可能性があり...

  • 夫婦別姓、二審も原告が敗訴 (10/20)

     夫婦別姓を認めない民法や戸籍法の規定は、憲法が禁じる「信条による差別」に当たるとして、東京都内の事実婚の男女が国に1人50万円の損害賠償を求めた訴訟の控訴審判決で、東京高裁は20日、憲法には違反しな...

  • 犬のけんかで飼い主が殴り合い (10/20)

     福岡県須恵町の路上で、散歩中の犬のけんかをきっかけに飼い主同士が殴り合いになり、粕屋署は傷害の疑いで秋田犬を連れていた男を現行犯逮捕した。男は秋田犬保存会(秋田県大館市)の九州総支部長だったが、事件...