ニュース

パリのテロ容疑者、移転気付かず シャルリエブド紙本社の放火計画

2020/9/29 23:25

 【パリ共同】2015年1月にテロがあったパリの風刺週刊紙シャルリエブド旧本社前の路上で25日に男女2人が男に刃物で襲撃された事件で、フランスの対テロ検察幹部は29日、記者会見し、拘束されたパキスタン出身の容疑者が本社の移転を知らず、当初は建物に侵入して放火する計画だったと明らかにした。

 また容疑者がこれまで名前と年齢を偽っていたことを認め、実際はザヘル・ハサン・マフムード容疑者(25)と判明したと発表した。

 同幹部によると、容疑者は本社襲撃を決断し犯行1週間前から現場を数回下見したが、本社移転には気付かなかったという。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

国際の最新記事
一覧

  • 米、中国人留学生3百人を調査 (10/21)

     【北京共同】中国外務省の趙立堅副報道局長は21日の記者会見で、5月から9月初旬までの間に、中国人留学生計約300人が米国を出国する際に空港で携帯電話やパソコンを調べられるなど不当な扱いを受けたとして...

  • ビザ申請に殺到、12人死亡 (10/21)

     【カブール共同】アフガニスタン東部ナンガルハル州の州都ジャララバードの競技施設で21日、隣国パキスタンのビザ(査証)申請に数万人が殺到し、州報道官によると、少なくとも女性12人が踏みつけられて死亡、...

  • タイ首相、非常事態宣言解除へ (10/21)

     【バンコク共同】タイのプラユット首相は21日のテレビ演説で、首都バンコクを対象に発令中の非常事態宣言を解除する意向を表明した。政府は15日に宣言を出し、5人以上の集会を禁止したものの、学生らは反体制...

  • 伊藤博文直筆の「定礎」と確認 (10/21)

     【ソウル共同】韓国文化財庁は21日、韓国銀行の旧本店(ソウル市)に設置されている礎石の「定礎」の字が、伊藤博文の直筆と確認されたと発表した。韓国の専門家が、浜松市立中央図書館がインターネット上で公開...

  • 核不拡散会議の再延期を調整 (10/21)

     【ニューヨーク共同】新型コロナウイルスのパンデミック(世界的大流行)の影響で今春から来年1月に延期された核拡散防止条約(NPT)再検討会議について、議長を務めるスラウビネン氏(アルゼンチン)が、来年...