ニュース

環境破壊が動物由来の感染症招く コロナの損害16兆ドル試算

2020/10/29 23:04
 ブラジル・アマゾンの森を焼き払ってつくられた牛の放牧場。急速な森林破壊が動物由来感染症拡大の一因とされる(AP=共同)

 ブラジル・アマゾンの森を焼き払ってつくられた牛の放牧場。急速な森林破壊が動物由来感染症拡大の一因とされる(AP=共同)

 農地開発や森林破壊といった土地の改変、野生生物の取引と消費などが、新型コロナウイルスのような動物由来感染症がまん延するリスクを拡大させており、次のパンデミック(世界的大流行)を防ぐには根本的な政策転換が必要だとする報告書を、生物多様性に関する国際科学組織が29日、発表した。

 この組織は、日本など約130カ国が参加する「生物多様性および生態系サービスに関する政府間科学政策プラットフォーム(IPBES)」。

 報告書は、新型コロナウイルスによる世界の経済的な損失は、7月までの段階で8兆〜16兆ドル(約830兆〜1660兆円)に達すると試算した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 高浜町議会、再稼働に正式同意 (11/25)

     福井県の高浜町議会は25日、運転開始から40年を超えた関西電力高浜原発1、2号機を巡り、全員協議会を開き、町議会として再稼働への同意を正式決定した。40年超原発について地元議会が同意するのは国内初で...

  • コロナ死者140万人超 (11/25)

     【ジュネーブ共同】米ジョンズ・ホプキンズ大の集計によると、新型コロナウイルス感染症の死者が24日、世界全体で140万人を超えた。感染症としては昨年の死者数140万人で世界最悪の結核を上回るのは確実で...

  • ゴキブリ2新種見つかる (11/25)

     鹿児島大などの研究チームは25日、鹿児島県から沖縄県にかけて広がる南西諸島で見つかった2種のゴキブリが新種と判明したと発表した。国内での新種発見は35年ぶりで、多様性の解明に一歩近づいたとしている。...

  • 「医療への重大な影響生じる」 (11/24)

     新型コロナウイルス対策を厚生労働省に助言する専門家組織は24日、地域によっては既に急速に感染が拡大しており、今のままでは医療提供体制に重大な影響を生じると指摘した分析結果をまとめた。医療体制が厳しい...

  • 1228人感染、重症者は最多 (11/24)

     国内で24日、新たに1228人の新型コロナウイルス感染者が確認された。北海道216人、大阪210人、東京186人、愛知110人など。重症者は345人で23日に続き最多を更新した。 死者は北海道で6人...