ニュース

和歌山・白浜町で雄のパンダ誕生 アドベンチャーワールド

2020/11/22 21:02
 ジャイアントパンダの雄の赤ちゃん=22日午後、和歌山県白浜町(アドベンチャーワールド提供)

 ジャイアントパンダの雄の赤ちゃん=22日午後、和歌山県白浜町(アドベンチャーワールド提供)

 和歌山県白浜町のレジャー施設「アドベンチャーワールド」は22日、雌のジャイアントパンダ「良浜」が同日午前11時50分、雄の赤ちゃん1頭を産んだと発表した。体長20・5cm、体重157gで、母子共に健康状態は良好という。

 良浜は2000年9月に同施設で誕生した20歳。出産は約2年前に続き7度目で、子どもの数は計10頭となった。父親は同施設の28歳「永明」。人間なら80歳を超える年齢で、飼育下で自然繁殖に成功した世界最高齢の雄のパンダという自身の記録を更新した。

 同施設は良浜と永明の交尾を6月に確認。良浜は10月25日以降、妊娠の兆候が見られていた。


この記事の写真

  •  ジャイアントパンダの雄の赤ちゃんを抱く母親の良浜=22日午後、和歌山県白浜町(アドベンチャーワールド提供)

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

暮らし・話題の最新記事
一覧

  • 神戸・住吉川でアユの産卵ピーク (12/3)

     神戸市東灘区の市街地を流れる住吉川でアユの産卵がピークを迎えている。河口から500メートルの流れの緩やかな場所にアユが群れ、繁殖する様子が見られた。住吉川は魚道の整備が進み、アユの遡上が増えてきてい...

  • 将棋の藤井聡太二冠らが羽子板に (12/3)

     今年話題になった人物をモチーフにした年末恒例の「変わり羽子板」7点が3日、人形メーカー「久月」(東京都台東区)の本社で披露された。モデルには最年少で王位と棋聖を獲得した将棋の藤井聡太二冠や、白血病か...

  • 清水寺、屋根のふき替え終え法要 (12/3)

     京都市東山区の世界遺産・清水寺で、国宝・本堂の檜皮屋根のふき替えと「清水の舞台」の床板の張り替え工事が完了し、3日に奉告法要が行われた。 2017年に本堂を素屋根で覆った上で、約半世紀ぶりに約205...

  • 富士登山鉄道「黒字可能」 (12/2)

     富士山の山梨県側の麓と5合目を結ぶ「富士山登山鉄道構想」を巡り、同県が設置した検討会の理事会が2日開かれ、開業早期から黒字化が可能で「事業が成立する」とした素案が示された。総事業費は1200億〜14...

  • 平仮名片仮名をアートに、韓国 (12/2)

     【ソウル共同】日本語の文字をモチーフに創作したグラフィックデザインを競う「ひらがな・カタカナデザインコンテスト(かなコン)」が韓国で実施され、2日に受賞作品が発表された。2016年から本格的に始まり...