ニュース

50年に再エネ比率5〜6割へ 経産省、原発も「一定規模活用」

2020/12/21 19:49
 総合資源エネルギー調査会の基本政策分科会に出席した梶山経産相=21日午後、経産省

 総合資源エネルギー調査会の基本政策分科会に出席した梶山経産相=21日午後、経産省

 経済産業省は21日、総合資源エネルギー調査会の基本政策分科会で、2050年の総発電量に占める再生可能エネルギーの比率を5〜6割にするとの参考値案を提示した。化石燃料を使う火力発電を大幅に縮小し、現状で2割未満にとどまる再生エネを主力電源として導入を進める方向性を鮮明にした。

 50年までに温室効果ガス排出量を実質ゼロにする政府目標に向け、二酸化炭素(CO2)を排出しない原発も、安全性を前提に「一定規模の活用」を目指す。原発単体では割合を示さなかったが、火力と合わせて3〜4割と想定。現状の計8割超から半分以下に減らす。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 東京株式 19日午前終値    (1/19)

    <225種>          28603円85銭      前日比 +361円64銭  <TOPIX>         1856.62        前日比 +11.13    

  • 為替相場  19日(日本時間11時30分) (1/19)

    11時30分現在        1ドル=             103円89銭〜          103円90銭    前日比  −0円14銭   1ユーロ=            125円66銭...

  • 大阪でバレンタイン商戦が幕開け (1/19)

     「あべのハルカス」に入る近鉄百貨店本店(大阪市阿倍野区)で19日、バレンタインの催事が始まった。新型コロナウイルス感染拡大で緊急事態宣言が再発令された中、大阪市内の主要百貨店による商戦の幕開けで、対...

  • 東証、一時400円超上昇 (1/19)

     19日午前の東京株式市場の日経平均株価(225種)は大幅反発し、一時400円超上昇した。前日まで続落していたため、買い戻しが先行した。新型コロナウイルス感染拡大を受けた米追加経済対策案の実現が期待さ...

  • 東京円、103円台後半 (1/19)

     19日午前の東京外国為替市場の円相場は1ドル=103円台後半で取引が始まった。 午前9時現在は前日比05銭円高ドル安の1ドル=103円70〜71銭。ユーロは04銭円安ユーロ高の1ユーロ=125円24...