ニュース

NY株反発、114ドル高 米経済活動の正常化期待

2020/12/24 6:48

 【ニューヨーク共同】23日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反発し、前日比114・32ドル高の3万0129・83ドルで取引を終えた。米経済活動の正常化への期待を背景に買いが優勢となった。

 米新規失業保険の申請件数が3週ぶりに減ったことでリスク回避姿勢が和らいだ。米製薬大手ファイザーが、新型コロナウイルスワクチンの追加供給契約を米政府と結んだことも投資家心理を支えた。

 ハイテク株主体のナスダック総合指数は反落し、36・81ポイント安の1万2771・11。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 東証反発、終値は2万8756円 (1/21)

     21日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は反発し、終値は前日比233円60銭高の2万8756円86銭と、バブル経済期だった1990年8月3日以来、約30年5カ月ぶりの高値を回復した。前日の米国...

  • 為替相場  21日(日本時間16時) (1/21)

    16時現在           1ドル=             103円38銭〜          103円39銭    前日比  +0円36銭   1ユーロ=            125円42銭...

  • スーパー売上高5年ぶり増 (1/21)

     日本チェーンストア協会が21日発表した2020年の全国スーパー売上高は、既存店ベースで前年比0・9%増となり、5年ぶりに前年実績を上回った。新型コロナウイルス感染拡大を受けた外出自粛やテレワークで在...

  • 東京株式 21日終値      (1/21)

    <225種>          28756円86銭      前日比 +233円60銭  <TOPIX>         1860.64        前日比 +11.06    

  • 三菱UFJ、デジタル通帳で植樹 (1/21)

     三菱UFJフィナンシャル・グループは21日、三菱UFJ銀行の預金者が紙の通帳から「デジタル通帳」に切り替えた件数などに応じて、NPOの環境リレーションズ研究所に寄付すると発表した。総額5億円の寄付を...