ニュース

妊娠届8〜10月4・6%減 出生数大幅減の懸念強まる

2020/12/24 13:05

 厚生労働省は24日、全国の自治体が今年8〜10月に受理した妊娠届の件数を発表した。前年同期比で4・6%、1万369件減少した。既に公表している5〜7月分の届出数よりは減り幅は小さくなったものの、来年の子どもの出生数が大幅に減る懸念が強まった。

 8〜10月の妊娠届の件数は計21万5417件。前年比では8月が6・0%減の6万8559件、9月が1・0%減の7万1865件、10月が6・6%減の7万4993件だった。

 新型コロナウイルス感染拡大による経済的な理由のほか、広域な移動を伴う里帰り出産が難しい状況など、出産環境の変化が影響したとみられる。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • ワクチン完了で屋内交流可 (3/9)

     【ワシントン共同】米疾病対策センター(CDC)は8日、新型コロナウイルスワクチンの接種完了から2週間以上たった人同士は、小規模なら屋内で、マスクを着けずに距離を気にしないで交流できるとする行動の手引...

  • 伊コロナ死者、10万人超 (3/9)

     【ローマ共同】イタリア政府は8日、同国の新型コロナウイルスの死者が10万103人に達したと発表した。米国、ブラジル、メキシコ、インド、英国に次ぐ世界6番目の多さとなっている。イタリアは、新規感染者の...

  • コロナで男女平等「後退」 (3/9)

     【ニューヨーク共同】国連のグテレス事務総長は8日、「国際女性デー」に合わせたオンラインイベントで演説し、新型コロナウイルス流行下で女性が重要な役割を果たしているにもかかわらず、男女間の格差は増大して...

  • アナフィラキシー5人発症 (3/8)

     厚生労働省は8日、新型コロナウイルスワクチンを接種した20〜50代の女性5人が、重いアレルギー反応のアナフィラキシーを発症したと発表した。息苦しさや頻脈といった症状が出たが、いずれも投薬をするなどし...

  • 国内の感染者600人 (3/8)

     国内で8日、新たに600人の新型コロナウイルス感染者が確認された。内訳は、東京116人、千葉73人、埼玉65人、北海道63人など。 死者は、東京17人、千葉5人、埼玉4人など計45人に上った。厚生労...