ニュース

11月住宅着工、17カ月連続減 リーマン・ショック上回る

2020/12/25 16:54

 国土交通省が25日発表した11月の新設住宅着工戸数は前年同月比3・7%減の7万798戸だった。17カ月連続の前年割れで、リーマン・ショック直後の2008年12月から10年3月に記録した16カ月連続減を上回った。新型コロナウイルス感染拡大などで貸家と分譲住宅が減少した。持ち家は1・5%増の2万4010戸と16カ月ぶりに増加した。

 貸家は8・1%減の2万6451戸で27カ月連続のマイナスだった。分譲住宅は6・1%減の1万9548戸と、13カ月連続で減少した。緊急事態宣言時に土地の仕入れが止まったことなどが響いた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • NY株式  22日終値     (1/23)

    <ダウ工業30種平均>      30996.98       前日比 −179.03  

  • NY株続落、179ドル安 (1/23)

     【ニューヨーク共同】22日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続落し、前日比179・03ドル安の3万0996・98ドルで取引を終えた。新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、経済活動の停滞が長...

  • フェイスブック、アマゾン積極化 (1/23)

     【ニューヨーク共同】米交流サイト大手フェイスブック(FB)と米インターネット通販大手アマゾン・コムが2020年にロビー活動費を増やしたことが22日、分かった。巨大ITの影響力増大への風当たりが強まる...

  • 為替相場  23日(日本時間 6時) (1/23)

     6時現在           1ドル=             103円83銭〜          103円84銭    前日比  −0円16銭   1ユーロ=            126円34銭...

  • 米、TPP早期復帰に慎重 (1/23)

     【ワシントン共同】サキ米大統領報道官は22日、トランプ前大統領が離脱した環太平洋連携協定(TPP)への早期復帰に慎重な姿勢を示した。協定内容を「より強化し、改善する必要がある」と説明。雇用への悪影響...