ニュース

iPS心筋の心臓移植「順調」 大阪大の治験、3例実施

2020/12/25 17:41
 iPS細胞から作った「心筋シート」を移植する治験で、記者会見する大阪大の澤芳樹教授=25日午後、大阪府吹田市

 iPS細胞から作った「心筋シート」を移植する治験で、記者会見する大阪大の澤芳樹教授=25日午後、大阪府吹田市

 iPS細胞から作った「心筋シート」を重症心不全患者の心臓に移植する治験で、大阪大の澤芳樹教授(心臓血管外科)らのチームは25日、計画前半に予定していた3例の移植を終えたと発表した。「現時点の経過は順調」としている。

 チームは今年1月に1例目の実施を公表。これに続いて9月と11月に2、3例目の患者にも移植し、3人とも退院した。

 治験は、血管が詰まって心臓の筋肉に血液が届きにくくなる重症の虚血性心筋症の患者が対象。京都大で備蓄していた他人のiPS細胞から作製した心筋細胞を直径4〜5センチ、厚さ0・1ミリほどの膜状にし、3枚を心臓の表面に張り付ける。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 英変異種、高い死亡率か (1/23)

     【ロンドン共同】英政府は22日、英国内で見つかった感染力が強い新型コロナウイルス変異種の死亡率について、従来型を1%とすると1・3〜1・4%と高い可能性があることがデータから分かったと発表した。まだ...

  • 高齢者と職員同時接種容認 (1/23)

     厚生労働省は22日、介護施設を巡る新型コロナウイルスのワクチン接種に関し、優先順位が高齢者より低く設定されている施設の職員について、一定の要件を満たせば入所する高齢者と同時に接種することを認める方針...

  • 国内で最多の108人が死亡 (1/23)

     国内で22日、新型コロナウイルス感染症の死者108人が報告され、19日の104人を上回り過去最多を更新した。感染者は新たに5046人が報告された。内訳は東京1175人、神奈川627人、千葉462人な...

  • ステージ4は20都府県 (1/22)

     厚生労働省は22日、新型コロナウイルス患者向けの病床使用率(20日午前0時時点)を公表した。政府の対策分科会が示すステージ4(爆発的感染拡大)の目安となる使用率50%以上は、福島、茨城、栃木、群馬、...

  • 東京都、濃厚接触の調査を縮小 (1/22)

     東京都は22日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴い、濃厚接触者などを調べる「積極的疫学調査」の規模を縮小する方針を都内の各保健所に通知した。高齢者など重症化リスクが高い人との関わりを重点的に調査し、...