ニュース

東京都医師会長に殺害予告 脅迫容疑で捜査、警視庁

2020/12/25 17:01

 新型コロナウイルス対策に取り組む東京都医師会(千代田区)に、尾崎治夫会長の殺害を予告する内容の脅迫文が送り付けられていたことが25日、捜査関係者への取材で分かった。警視庁神田署が脅迫容疑などで調べている。

 捜査関係者によると、脅迫文は22日、都医師会のウェブサイトの問い合わせフォームに送信された。

 尾崎会長は22日の記者会見で、都内で増加する感染者数に懸念を示し、「年末年始は医療提供体制が手薄になる。真剣勝負の3週間だ」などと行動自粛を呼び掛けていた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • JRA騎手ら163人不適切受給 (3/6)

     日本中央競馬会(JRA)の調教師や調教助手が新型コロナウイルスの影響を受けていないのに国の持続化給付金を不正受給した疑いがある問題で、JRAは6日、調査結果を公表し、騎手13人を含む163人が不適切...

  • 薄れる警戒感、繁華街で「密」に (3/6)

     首都圏1都3県への緊急事態宣言の再延長決定から初の週末を迎えた6日、陽気に恵まれたためか、繁華街や行楽地はにぎわった。「買い物ぐらい…」。警戒感の薄れを反映し、東京都心部の人気スポットでは「密」につ...

  • 米施政方針演説が大幅遅れ (3/6)

     【ワシントン共同】バイデン米大統領による経済や外交の包括的政策を内外に示す施政方針演説が遅れている。開催条件に位置付けた新型コロナウイルス追加経済対策法案は5日、与野党の歩み寄りで成立のめどが立ちつ...

  • コロナ向け自己服用に米当局警鐘 (3/6)

     【ワシントン共同】米食品医薬品局(FDA)は5日、抗寄生虫薬「イベルメクチン」を新型コロナウイルス感染症の治療や予防のために自己判断で服用しないようウェブサイトで警鐘を鳴らした。動物用薬を服用して入...

  • フィリピン「接種しない」46% (3/6)

     【マニラ共同】新型コロナウイルスのワクチンを接種する考えがない人の割合は46%―。フィリピンの世論調査で、接種がスムーズに進むか不安視される結果が出た。2016〜17年に起きたデング熱ワクチンを巡る...