ニュース

年越し支援「孤立防げ」 コロナ禍、食や住まい確保

2020/12/26 18:53
 年末年始の困りごと相談窓口

 年末年始の困りごと相談窓口

 役所などの公的機関の窓口が閉まる年末年始は、コロナ禍で生活に困っている人への支援が細る恐れがある。厚生労働省は自治体に対し、12月29日〜来年1月3日の閉庁期間も臨時窓口を設けるなどの対応を要請した。一部の自治体は相談を受け付けるほか、民間団体も食料支援や相談活動を実施。官民挙げて孤立を防ぐ取り組みが広がる。

 東京都はビジネスホテル千室分の予算を確保した。希望する人は都の「TOKYOチャレンジネット」に連絡し、紹介された部屋に負担なしで最大2週間宿泊できる。

 大阪市の担当者は「住まいを失う恐れがあるなら、失う前にすぐ相談してほしい」と呼び掛ける。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • 新型コロナ、女性に不公平 (3/9)

     【ワシントン共同】イエレン米財務長官と国際通貨基金(IMF)のゲオルギエワ専務理事は8日のオンライン対談で、新型コロナウイルスによる景気後退がもたらした男女間の不平等を早急に是正するべきだとの認識で...

  • ワクチン完了で屋内交流可 (3/9)

     【ワシントン共同】米疾病対策センター(CDC)は8日、新型コロナウイルスワクチンの接種完了から2週間以上たった人同士は、小規模なら屋内で、マスクを着けずに距離を気にしないで交流できるとする行動の手引...

  • 伊コロナ死者、10万人超 (3/9)

     【ローマ共同】イタリア政府は8日、同国の新型コロナウイルスの死者が10万103人に達したと発表した。米国、ブラジル、メキシコ、インド、英国に次ぐ世界6番目の多さとなっている。イタリアは、新規感染者の...

  • コロナで男女平等「後退」 (3/9)

     【ニューヨーク共同】国連のグテレス事務総長は8日、「国際女性デー」に合わせたオンラインイベントで演説し、新型コロナウイルス流行下で女性が重要な役割を果たしているにもかかわらず、男女間の格差は増大して...

  • アナフィラキシー5人発症 (3/8)

     厚生労働省は8日、新型コロナウイルスワクチンを接種した20〜50代の女性5人が、重いアレルギー反応のアナフィラキシーを発症したと発表した。息苦しさや頻脈といった症状が出たが、いずれも投薬をするなどし...