ニュース

医療機関に3割が独自の協力金 年末年始の患者受け入れ促す

2020/12/26 21:01

 新型コロナウイルスの感染拡大が続く中、都道府県と政令指定都市の3割が年末年始に患者を受け入れる医療機関に対し、独自に協力金を支給することが26日、共同通信の調査で分かった。多くの医療機関が休みに入るため、診療体制が手薄になるのをなるべく抑える狙い。

 調査は47都道府県と20政令市を対象に実施。コロナなどの発熱患者に年末年始はどのように対応するのか、22日時点での検討状況を聞いた。

 医療機関確保のため協力金を支給すると回答したのは埼玉や京都など16都府県と、神戸や北九州など6政令市で、全体の33%に上る。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 変異種コロナ、市中感染か (1/18)

     厚生労働省は18日、静岡県の20〜60代の男女3人が、英国で流行した新型コロナウイルスの変異種に感染していたと発表した。いずれも英国滞在歴はなく、滞在歴がある人との接触も確認できない。厚労省は「国内...

  • 国内で4925人感染 (1/18)

     国内で18日、新たに4925人の新型コロナウイルス感染者が報告された。地域別では東京1204人、神奈川957人など。山口は88人で最多を更新した。 死者は大阪10人、愛知7人、埼玉、千葉、神奈川各5...

  • 東京、新たに1204人感染 (1/18)

     東京都は18日、新型コロナウイルスの感染者が新たに1204人報告されたと発表した。月曜日としては今月11日の1219人に次いで過去2番目の多さ。感染者3人の死亡も確認された。 死者のうち70代の男性...

  • はやぶさ2、小惑星二つを観測 (1/18)

     宇宙航空研究開発機構(JAXA)の小惑星探査機「はやぶさ2」の計画責任者を務める津田雄一教授は18日、日本記者クラブのオンライン記者会見で、小惑星りゅうぐうの探査を終えたはやぶさ2が今後、残りの燃料...

  • 高齢患者へワクチン接種に懸念も (1/18)

     【ロンドン共同】ノルウェーで、基礎疾患のある高齢者が新型コロナウイルスの米ファイザー製ワクチンを受けた後に死亡する例が出ている。接種との因果関係は不明だが、ノルウェーの医薬品当局は18日までに、高齢...