ニュース

温暖化でハリケーンの勢力衰えず 海面温度上昇、内陸部で被害増か

2020/12/27 18:08
 8月、国際宇宙ステーションの軌道上で撮影された、北米大陸の沖合を通るハリケーン「ローラ」(NASA提供)

 8月、国際宇宙ステーションの軌道上で撮影された、北米大陸の沖合を通るハリケーン「ローラ」(NASA提供)

 地球温暖化の進行に伴い、大西洋で発生したハリケーンの勢力が衰えにくくなっているとの分析結果を、沖縄科学技術大学院大のチームが27日までにまとめた。ハリケーンの破壊力を強める役目をする水蒸気が、海面温度の上昇によって海から取り込まれやすくなったのが原因。そのため上陸後も勢力が強い状態が続き、内陸部で被害が増大する恐れがあるという。

 チームは1967〜2018年に北大西洋上で発生したハリケーン71個の観測データから勢力の推移を分析。

 同期間の海水温の推移を調べると、海水温が高いほどハリケーンが上陸後に弱まるまでの時間も長くなると判明した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 東京、新規感染1274人 (1/20)

     東京都は20日、新型コロナの感染者が新たに1274人報告されたと発表した。累計は8万9188人。入院患者は前日から48人減の2893人、うち重症者は5人増えて過去最多の160人に上った。40〜90代...

  • 国内5532人感染、92人死亡 (1/20)

     国内で20日、新たに5532人の新型コロナウイルスの感染者が確認された。厚生労働省によると、重症者は前日より13人増加して過去最多の1014人。死者は92人。 感染者は和歌山24人、鹿児島59人で最...

  • 宣言再発令2週間、減少見えず (1/20)

     政府が新型コロナウイルスの感染抑制のために緊急事態宣言を再発令してから21日で2週間。来月7日の期限のほぼ折り返しとなる。ただ新規感染者数は、当初から対象の東京と埼玉、千葉、神奈川や追加対象となった...

  • 米ワクチン、来月15日承認へ (1/20)

     米製薬大手ファイザー社の新型コロナウイルス感染症のワクチンについて、厚生労働省が早ければ2月15日に専門部会を開いて「特例承認」の可否を決める方針であることが20日、分かった。既に海外で接種が進んで...

  • 日英、廃炉技術を共同研究へ (1/20)

     【ロンドン共同】英政府は20日、日英で原子力関連施設の廃炉技術を共同研究すると発表した。日本からは東京電力グループが資金を拠出し、福島第1原発でロボットアームを活用して実施する。両国の知見を合わせ、...