ニュース

クライミング、女子は野中2連覇 男子は藤井が初優勝、複合JC

2020/12/27 20:00
 女子決勝 ボルダリング第3課題でホールドに飛びつく野中生萌=石鎚クライミングパークSAIJO

 女子決勝 ボルダリング第3課題でホールドに飛びつく野中生萌=石鎚クライミングパークSAIJO

 スポーツクライミングの複合ジャパンカップ最終日は27日、愛媛県西条市の石鎚クライミングパークSAIJOで男女各8人による決勝が行われ、女子は東京五輪代表の野中生萌が2連覇した。男子は藤井快が初優勝した。

 2位は女子が倉菜々子、男子は樋口純裕だった。

 来年の五輪で実施される複合はスピード、ボルダリング、リードの順で3種目に臨み、三つの順位を掛け合わせたポイントの少ない選手が上位になる。野中はそれぞれ2、1、1位で2点、藤井は5、1、3位で15点だった。

 五輪代表で男子の楢崎智亜と原田海、女子の野口啓代は欠場した。


この記事の写真

  •  複合ジャパンカップで優勝した女子の野中生萌(左)と男子の藤井快=石鎚クライミングパークSAIJO

上記の写真をクリックすると拡大して表示されます。

  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

東京五輪の最新記事
一覧

  • ソフト女子の上野「緊張感ある」 (3/4)

     ソフトボール女子日本代表が4日、東京五輪のメンバー発表前最後の合宿を行っている沖縄県読谷村でオンライン取材に応じ、エースの上野由岐子(ビックカメラ高崎)は「緊張感がある。おのおのがやるべきことに集中...

  • 正代、聖火ランナー辞退「残念」 (3/4)

     東京五輪の聖火ランナーを辞退した大相撲の大関正代関(29)が4日、報道陣の電話取材に応じ「残念だが、本業をおろそかにすることはできない。仕方ない」と心境を語った。故郷の熊本県宇土市を5月5日に走る予...

  • ボート、西村・古田組がリード (3/4)

     ボートの東京五輪出場枠獲得を目指す日本代表候補による軽量級ダブルスカルのクルー決定レース第2日は4日、埼玉・戸田漕艇場で行われ、男子の西村光生(アイリスオーヤマ)宮浦真之(NTT東日本)組が武田匡弘...

  • 五輪柔道代表の素根、日大入学へ (3/4)

     東京五輪の柔道女子78キロ超級代表で、昨年7月に環太平洋大を退学した素根輝(20)が4月から日大に入学することが3日、複数の関係者の話で分かった。活動拠点は実業団のパーク24が有力で、学生生活を送り...

  • 海外観客「見送り」で政府調整 (3/3)

     東京五輪・パラリンピックでの海外からの観客受け入れに関し、政府が見送る方向で調整に入ったことが3日、分かった。複数の大会関係者が明らかにした。国内外の新型コロナウイルスの感染状況が厳しいことを踏まえ...