ニュース

鉱工業生産指数、横ばい95・2 11月、コロナで回復に息切れ感

2020/12/28 10:20
 鉱工業生産指数の推移

 鉱工業生産指数の推移

 経済産業省が28日発表した11月の鉱工業生産指数速報(2015年=100、季節調整済み)は前月から横ばいの95・2だった。前月までは5カ月連続で上昇していたが、新型コロナウイルスの影響からの回復に息切れ感が出た形だ。

 基調判断は前月の「生産は持ち直している」を維持した。出荷は0・9%低い94・0で、6カ月ぶりに低下した。

 経産省の担当者は「これまで回復を引っ張ってきた自動車の生産が低下した影響が大きい」と指摘。ただ一部メーカーの車種改良など一時的要因もあり「総じて見れば回復基調は続いている」と指摘した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 為替相場  19日(日本時間 5時) (1/19)

     5時現在           1ドル=             103円68銭〜          103円69銭    前日比  +0円07銭   1ユーロ=            125円24銭...

  • 為替相場  19日(日本時間 2時) (1/19)

     2時現在           1ドル=             103円66銭〜          103円67銭    前日比  +0円09銭   1ユーロ=            125円18銭...

  • 日産、国内の契約社員を正社員へ (1/18)

     日産自動車は18日、国内拠点で事務職に従事する全契約社員800人弱を、4月1日付で原則正社員にすると明らかにした。経営再建に向けた構造改革を進める上で、職場の一体感醸成やモチベーション向上による業務...

  • JR西日本、新幹線で魚介類輸送 (1/18)

     JR西日本は18日、北陸や山陽・九州の各新幹線を使った魚介類などの荷物輸送の事業化を目指すと発表した。新型コロナウイルス感染症で旅客事業が落ち込んでおり、JR東日本やJR九州、物流企業と連携して新た...

  • 自賠責保険、6・7%下げ (1/18)

     金融庁の審議会は18日、自動車やバイクの所有者に加入義務がある自動車損害賠償責任保険(自賠責保険)の保険料を全車種平均6・7%値下げすると決めた。値下げは昨年に続き2年連続で、4月の契約分から適用す...