ニュース

川崎重工に不正アクセス 個人情報流出の可能性

2020/12/28 14:21
 川崎重工業の東京本社=2013年、東京都港区

 川崎重工業の東京本社=2013年、東京都港区

 川崎重工業は28日、タイなど海外の複数拠点のネットワークがマルウエア(悪意のあるソフト)に感染し、国内のデータセンターが不正アクセスを受けたと発表した。個人情報や取引先のデータが流出した可能性もあるという。被害は広範囲に及んでおり、現在も状況を調査している。

 不正アクセスは6月11日にタイの拠点で最初に確認した。その後の調査で、インドネシア、フィリピン、米国の拠点からも国内に不正アクセスがあったことが判明した。川崎重工は「範囲が複数の国内・海外拠点であるため公表までに時間を要した」と説明している。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 東京株式 20日13時     (1/20)

    <225種>          28494円51銭      前日比 −138円95銭  <TOPIX>         1845.96        前日比 −09.88    

  • 為替相場  20日(日本時間13時) (1/20)

    13時現在           1ドル=             103円77銭〜          103円81銭    前日比  +0円22銭   1ユーロ=            126円03銭...

  • スカイマーク、予約見合わせ (1/20)

     スカイマークは20日、2月15〜28日の約7割の路線で予約受け付けを一時見合わせると発表した。新型コロナウイルス感染拡大で運休や減便を検討しているためとしている。政府の緊急事態宣言の終了時期を見極め...

  • 東証、午前終値2万8504円 (1/20)

     20日午前の東京株式市場の日経平均株価(225種)は反落した。国内外の新型コロナウイルスの感染拡大が重しとなり、下げ幅は一時100円を超えた。一方、米景気回復への期待から前日に米国株が上昇したことは...

  • ホンダ、自動運転で米GMと協業 (1/20)

     ホンダは20日、米自動車大手ゼネラル・モーターズ(GM)とそのグループ企業との間で、日本での自動運転サービスの事業化に向け、協業することで基本合意したと発表した。自動運転技術の安全性などについて、今...