ニュース

Jフロント、赤字156億円 ターミナル隣接店が苦戦

2020/12/28 17:01

 大丸や松坂屋を運営するJ・フロントリテイリングが28日発表した2020年3〜11月期連結決算は、純損益が156億円の赤字(前年同期は209億円の黒字)となった。新型コロナウイルス流行に伴う在宅勤務の拡大などで人出が減少し、ターミナル駅に隣接する店舗が苦戦した。

 本業の利益を示す事業利益は95・0%減の18億円と黒字を確保した。販管費の削減などが寄与した。政府の「Go To キャンペーン」効果などで回復しつつあった業績は、感染「第3波」で足踏み状態となっている。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 為替相場  26日(日本時間 2時) (1/26)

     2時現在           1ドル=             103円78銭〜          103円79銭    前日比  −0円08銭   1ユーロ=            125円96銭...

  • NY株、一時220ドル超安 (1/26)

     【ニューヨーク共同】週明け25日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続落し、前週末からの下げ幅は一時220ドルを超えた。新型コロナウイルスのワクチン普及の遅れに対する懸念が相場の重しとなっ...

  • NY円、103円後半 (1/25)

     【ニューヨーク共同】週明け25日のニューヨーク外国為替市場の円相場は午前8時半現在、前週末比05銭円高ドル安の1ドル=103円66〜76銭をつけた。ユーロは1ユーロ=1・2145〜55ドル、125円...

  • イオン、就業時間中は禁煙 (1/25)

     イオンは25日、国内グループ115社の全事業所の従業員約45万人を対象に、就業時間中の全面禁煙を3月までに始めると発表した。国内の従業員の約9割に当たる。喫煙者の息や衣類に残ったたばこの成分を他の従...

  • コロナで就労時間が8・8%減 (1/25)

     【ジュネーブ共同】国際労働機関(ILO)は25日、2020年の世界全体での総就労時間が、前年比で8・8%減少したと発表した。週48時間勤務の常勤労働者に換算すると、2億5500万人が職を失った計算。...