ニュース

首相、新春の伊勢参拝見送り コロナ感染拡大を考慮

2020/12/28 18:00

 菅義偉首相は、来年1月初旬に予定していた三重県伊勢市の伊勢神宮参拝を見送る意向を固めた。新型コロナウイルスの感染拡大が続き、自身の移動も控えるべきだと判断した。例年、現地で行っていた年頭記者会見は、1月4日に官邸で開く方向で調整する。複数の政府関係者が28日明らかにした。

 首相は25日の会見で、感染拡大を防ぐため「静かな年末年始」への協力を国民に呼び掛けていた。関係者によると、1月中旬以降に参拝できないか、引き続き検討しているという。

 歴代首相は新春の伊勢参りを恒例化している。安倍晋三前首相は2012年12月の第2次政権発足後、8年連続で参拝した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • インドGDP0・4%増 (2/26)

     【ニューデリー共同】インド政府は26日、2020年10〜12月期の実質国内総生産(GDP、速報値)が前年同期比0・4%増だったと発表した。新型コロナウイルス対策による経済への影響で、同4〜6月期から...

  • シン・エヴァ、3月8日に公開 (2/26)

     東宝などは26日、新型コロナウイルスの感染拡大と緊急事態宣言を受けて再延期していた映画「シン・エヴァンゲリオン劇場版」を3月8日に公開すると発表した。 同作は2007年に始まった人気シリーズ「ヱヴァ...

  • 改正特措法に基づき初の文書要請 (2/26)

     東京都は26日、新型コロナウイルスの緊急事態宣言下で午後8時までの営業時間の短縮要請に応じていない都内の飲食店など34店舗に対し、書面で改めて時短営業を要請した。神奈川県も同様に県内の42店舗に時短...

  • 6府県、イベントや時短段階緩和 (2/26)

     2月末に緊急事態宣言が解除される6府県では、イベント開催や飲食店の営業時間などの制限が段階的に緩和される。当面は約1カ月の経過措置として、これまで5千人だったイベントの人数上限を最大1万人まで拡大。...

  • 高野連「選抜開催に向け準備」 (2/26)

     日本高野連の小倉好正事務局長は26日、緊急事態宣言が6府県について2月末までで解除されることを受け「新型コロナウイルス感染防止対策を最大限講じながら、選抜大会開催に向け準備してまいります」とコメント...