ニュース

駅や百貨店に発送ボックス設置へ 三菱商、非対面サービス需要対応

2020/12/28 19:15
 三菱商事が展開する、発送に使う専用ボックス「SMARI」

 三菱商事が展開する、発送に使う専用ボックス「SMARI」

 三菱商事が、フリーマーケットアプリでの出品などの際、発送に使う専用ボックスを2021年前半に駅や百貨店、スーパーに設置する方針を固めたことが28日、分かった。レジの係員を通さず自分で送りたい品物を入れる仕組みで、新型コロナウイルスの感染防止策として高まる非対面サービスの需要に対応。今後は本やCDの中古品買い取り業者への送付など用途を順次拡充する考えだ。

 ボックスは「SMARI(スマリ)」で、19年から傘下のローソンで本格運用しており、設置先を拡大させる。利用者はボックスの画面にスマートフォンのQRコードをかざし、出てきたラベルを品物に貼って投函する。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 為替相場  19日(日本時間17時) (1/19)

    17時現在           1ドル=             103円99銭〜          104円00銭    前日比  −0円24銭   1ユーロ=            125円87銭...

  • 営業エリアまたぐIC定期発売 (1/19)

     JR東日本、東海、西日本の3社は19日、3月13日のダイヤ改正から、それぞれの営業エリアにまたがる在来線の駅間の定期券を、Suica(スイカ)などのICカードで発売すると発表した。エリアをまたぐIC...

  • ヤフー、再生エネ100%へ (1/19)

     IT大手のヤフーは19日、自社の事業活動で利用する電力を2023年度中に風力や太陽光などの再生可能エネルギーに100%切り替えると発表した。政府が50年までに温室効果ガスの排出量を実質ゼロにする目標...

  • 災害危険区域は優遇除外、国交省 (1/19)

     国土交通省は、土砂災害の危険が高い区域に住宅を建てる場合、低金利住宅ローンなどの適用対象外とする方針だ。災害が多発する中、国交省は危険エリアでの建設抑制を目指しており、優遇措置はそぐわないと判断した...

  • 経団連「一律賃上げ困難」 (1/19)

     経団連は19日、2021年春闘で経営側の指針となる「経営労働政策特別委員会(経労委)報告」を発表した。新型コロナウイルス禍で経営環境は悪化しており、業種横並びや各社一律の賃金引き上げは「現実的ではな...