ニュース

南アの変異種、国内で初確認 滞在歴ある30代女性

2020/12/29 0:16
 厚生労働省が入る中央合同庁舎

 厚生労働省が入る中央合同庁舎

 厚生労働省は28日、南アフリカの滞在歴がある30代女性が、新型コロナウイルスの変異種に感染していたと発表した。南アで報告された変異種が国内で確認されたのは初めて。英国の滞在歴がある6人からも検出され、計7人の変異種感染が明らかになった。いずれも空港検疫で陽性が確認され、療養施設に待機していたため濃厚接触者はいないとしている。

 厚労省によると、南アで報告された変異種の感染が確認された女性は、今月19日に成田空港に到着。症状はないという。

 国立感染症研究所の脇田隆字所長は「感染性がどれくらい増えているかデータは示されておらず、注目していく」と話した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • 貸し切り遊園地で思い出を (3/9)

     川崎市は9日、新型コロナウイルスの影響で修学旅行が中止となった市立小114校の6年生に、小学校最後の思い出を作ってもらおうと、貸し切りにした遊園地「よみうりランド」(東京都稲城市、川崎市)でイベント...

  • GDP年率11・7%増 (3/9)

     内閣府が9日発表した2020年10〜12月期の国内総生産(GDP)の改定値は、物価変動を除く実質で前期比2・8%増、年率換算で11・7%増だった。速報値の年率12・7%増から下方修正となった。プラス...

  • 世界の女性、コロナ下にデモ (3/9)

     国際女性デーの8日、世界各地で新型コロナウイルスの流行や当局の規制が続く中、女性への差別や暴力の撲滅を訴えるデモが行われた。各国で女性が置かれた立場はさまざまだが、男性優位の社会に「黙らない、従わな...

  • 1月給与総額、0・8%マイナス (3/9)

     厚生労働省が9日に発表した1月の毎月勤労統計調査(速報、従業員5人以上の企業)によると、基本給や残業代を合わせた現金給与総額(名目賃金)は前年同月比0・8%減の27万2972円だった。減少は10カ月...

  • 航空法改正で保安検査逃れに罰則 (3/9)

     政府は9日、航空機の乗客らに保安検査を義務付ける航空法改正案などを閣議決定した。法律で明文化し、検査を受けず待合室を含めた制限区域に立ち入るなどした場合、1年以下の懲役か50万円以下の罰金を科す。新...