ニュース

NY株、一時最高値 米景気対策に期待継続

2020/12/30 0:34

 【ニューヨーク共同】29日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は続伸して始まり、前日からの上げ幅が一時180ドルを超え、取引時間中の過去最高値を更新した。米景気対策への期待が続き、買いが先行した。

 午前10時現在、前日比39・08ドル高の3万0443・05ドルをつけた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は45・33ポイント高の1万2944・75。

 新型コロナウイルスの変異種の感染拡大に対する警戒感も根強く、買いが一巡した後は売りに押される場面もあった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 東京株式 19日終値      (1/19)

    <225種>          28633円46銭      前日比 +391円25銭  <TOPIX>         1855.84        前日比 +10.35    

  • 為替相場  19日(日本時間15時) (1/19)

    15時現在           1ドル=             103円99銭〜          104円00銭    前日比  −0円24銭   1ユーロ=            125円80銭...

  • 経団連「一律賃上げ困難」 (1/19)

     経団連は19日、2021年春闘で経営側の指針となる「経営労働政策特別委員会(経労委)報告」を発表した。新型コロナウイルス禍で経営環境は悪化しており、業種横並びや各社一律の賃金引き上げは「現実的ではな...

  • 東証、午前終値は2万8603円 (1/19)

     19日午前の東京株式市場の日経平均株価(225種)は大幅反発し、一時400円超上昇した。前日まで続落していたため、買い戻しが先行した。米追加経済対策案の実現が期待され、幅広い業種の銘柄が値上がりした...

  • 大阪でバレンタイン商戦が幕開け (1/19)

     「あべのハルカス」に入る近鉄百貨店本店(大阪市阿倍野区)で19日、バレンタインの催事が始まった。新型コロナウイルス感染拡大で緊急事態宣言が再発令された中、大阪市内の主要百貨店による商戦の幕開けで、対...