ニュース

NY株、一時160ドル超高 景気回復見越し買い先行

2020/12/31 0:26

 【ニューヨーク共同】30日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は反発し、前日からの上げ幅は一時、160ドルを超えた。午前10時現在は前日比142・14ドル高の3万0477・81ドルをつけた。ハイテク株主体のナスダック総合指数は45・81ポイント高の1万2896・03。

 来年の景気回復を見越した買いが先行した。英政府が英製薬大手アストラゼネカなどが開発した新型コロナウイルス感染症のワクチンを承認したことが好感された。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 東京円、104円近辺 (1/19)

     19日の東京外国為替市場の円相場は1ドル=104円近辺で取引された。 午後5時現在は前日比24銭円安ドル高の1ドル=103円99銭〜104円00銭。ユーロは67銭円安ユーロ高の1ユーロ=125円87...

  • 為替相場  19日(日本時間18時) (1/19)

    18時現在           1ドル=             104円01銭〜          104円05銭    前日比  −0円26銭   1ユーロ=            125円96銭...

  • 営業エリアまたぐIC定期発売 (1/19)

     JR東日本、東海、西日本の3社は19日、3月13日のダイヤ改正から、それぞれの営業エリアにまたがる在来線の駅間の定期券を、Suica(スイカ)などのICカードで発売すると発表した。エリアをまたぐIC...

  • ヤフー、再生エネ100%へ (1/19)

     IT大手のヤフーは19日、自社の事業活動で利用する電力を2023年度中に風力や太陽光などの再生可能エネルギーに100%切り替えると発表した。政府が50年までに温室効果ガスの排出量を実質ゼロにする目標...

  • 災害危険区域は優遇除外、国交省 (1/19)

     国土交通省は、土砂災害の危険が高い区域に住宅を建てる場合、低金利住宅ローンなどの適用対象外とする方針だ。災害が多発する中、国交省は危険エリアでの建設抑制を目指しており、優遇措置はそぐわないと判断した...