ニュース

東証、午前終値は2万7344円 緊急事態を懸念、一時400円安

2021/1/4 12:01
 東京証券取引所=東京都中央区

 東京証券取引所=東京都中央区

 年明け最初の取引となる大発会を迎えた4日の東京株式市場の日経平均株価(225種)は続落し、下げ幅は一時400円を超えた。新型コロナウイルスの感染拡大に歯止めがかからず政府が1都3県を対象に緊急事態宣言発令の検討に入ると報じられ、経済活動が停滞することへの懸念から売り注文が優勢になった。為替相場での円高ドル安方向の動きも重しとなった。

 午前終値は前年末終値比99円30銭安の2万7344円87銭。東証株価指数(TOPIX)は11・90ポイント安の1792・78。

 緊急事態宣言再発令への警戒感から旅行関連株や百貨店などの小売関連株などが売られた。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • auペイ、一時使えず (1/23)

     KDDI(au)のスマートフォン決済「auペイ」が23日午前、一時使えなくなる不具合が発生したことが分かった。同社によると、午前11時半までに順次、復旧した。設備の一部が故障したことが原因という。 ...

  • 米ユナイテッド、接種を義務化か (1/23)

     【ニューヨーク共同】米CNBCテレビは22日、米ユナイテッド航空が従業員に対し新型コロナウイルスワクチン接種の義務化を検討していると報じた。副反応への懸念などもあって主要企業は慎重な姿勢を崩しておら...

  • 為替相場  23日(日本時間 7時) (1/23)

     7時現在           1ドル=             103円77銭〜          103円81銭    前日比  −0円10銭   1ユーロ=            126円22銭...

  • ナスダック 22日終値     (1/23)

    <ナスダック>          13543.06       前日比  +12.14  

  • フェイスブック、アマゾン積極化 (1/23)

     【ニューヨーク共同】米交流サイト大手フェイスブック(FB)と米インターネット通販大手アマゾン・コムが2020年にロビー活動費を増やしたことが22日、分かった。巨大ITの影響力増大への風当たりが強まる...