ニュース

世銀、世界成長4%に下方修正 ワクチン普及難航で悪化も

2021/1/6 1:04
 昨年11月27日、人通りが少ない米ニューヨークの5番街(共同)

 昨年11月27日、人通りが少ない米ニューヨークの5番街(共同)

 【ワシントン共同】世界銀行は5日発表した最新の世界経済見通しで、2021年の世界全体の実質成長率を4・0%と予測した。新型コロナウイルスの流行が世界中で長引き、前回昨年6月の予想から0・2ポイント下方修正。この数字は新型コロナのワクチンが世界で広く普及することを前提にした基本シナリオ。ワクチン普及が難航し感染拡大が続いた悲観シナリオでは、1・6%に悪化するとの見方も示した。

 日本については基本シナリオで2・5%成長と予想した。ただ、政府は首都圏1都3県を対象とした緊急事態宣言を再発令することを決定しており、景気を下押しする恐れもある。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • 経団連が今年の春闘指針公表 (1/19)

     経団連は19日、今春闘の経営側の指針を発表し、業種横並びや各社一律の賃金引き上げは「現実的ではない」と指摘した。新型コロナウイルスの影響で業績が悪化した企業については、ベースアップは「困難」とした。

  • 東京株式 19日14時     (1/19)

    <225種>          28652円88銭      前日比 +410円67銭  <TOPIX>         1857.03        前日比 +11.54    

  • 為替相場  19日(日本時間14時) (1/19)

    14時現在           1ドル=             104円01銭〜          104円02銭    前日比  −0円26銭   1ユーロ=            125円78銭...

  • 東証、午前終値は2万8603円 (1/19)

     19日午前の東京株式市場の日経平均株価(225種)は大幅反発し、一時400円超上昇した。前日まで続落していたため、買い戻しが先行した。米追加経済対策案の実現が期待され、幅広い業種の銘柄が値上がりした...

  • 大阪でバレンタイン商戦が幕開け (1/19)

     「あべのハルカス」に入る近鉄百貨店本店(大阪市阿倍野区)で19日、バレンタインの催事が始まった。新型コロナウイルス感染拡大で緊急事態宣言が再発令された中、大阪市内の主要百貨店による商戦の幕開けで、対...