ニュース

消費者心理、4カ月ぶり悪化 感染再拡大で、20年12月調査

2021/1/6 16:03

 内閣府が6日発表した2020年12月の消費動向調査によると、向こう半年間の消費者心理を示す消費者態度指数(2人以上世帯、季節調整値)は前月比1・9ポイント下落の31・8となり、8月以来4カ月ぶりに悪化した。新型コロナウイルス感染再拡大で、暮らし向きを悲観する見方が増えた。

 基調判断は「足踏みがみられる」とし、20年11月の「依然として厳しいものの、持ち直しの動きが続いている」から引き下げた。下方修正は4カ月ぶり。

 「暮らし向き」「雇用環境」といった消費者態度指数を構成する四つの指標が全て前月から悪化した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • 中国で全人代が開幕 (3/5)

     【北京共同】中国の全国人民代表大会(全人代=国会)が5日、北京で開幕した。李克強首相の政府活動報告で、2021〜25年の新たな中期経済目標「第14次5カ年計画」を公表。新型コロナウイルス感染症の流行...

  • 緊急事態宣言の再延長を今夜決定 (3/5)

     政府は5日夜、新型コロナウイルス対応の改正特別措置法に基づき、首都圏1都3県に発令している緊急事態宣言の再延長を決定する。西村経済再生相は専門家らで構成する諮問委員会で、宣言の期限を21日まで2週間...

  • 産油国、減産を小幅緩和 (3/5)

     【ロンドン共同】石油輸出国機構(OPEC)加盟・非加盟の産油国による連合体「OPECプラス」は4日、オンライン閣僚級会合を開き、原油協調減産を4月に小幅に緩和することを決めた。3月に日量705万バレ...

  • J1、6日の鹿島戦も中止に (3/4)

     サッカーのJリーグは4日、大阪府吹田市のパナソニックスタジアム吹田で6日に予定されていたJ1のG大阪―鹿島戦を中止にすると発表した。G大阪が4日までに実施した新型コロナウイルス感染を調べるPCR検査...

  • EU、ロシアワクチンを審査 (3/4)

     【ブリュッセル共同】欧州連合(EU)の医薬品規制当局、欧州医薬品庁(EMA、本部アムステルダム)は4日、ロシア製の新型コロナワクチン「スプートニクV」の迅速な承認に向け審査を始めたと明らかにした。欧...