ニュース

伊方2号機廃炉、7日に着手 四国電、作業に40年

2021/1/6 17:59

 四国電力は6日、伊方原発(愛媛県伊方町)2号機の廃炉作業を7日に始めると発表した。作業は2059年度ごろまでかかる見通し。

 原子炉内を通った水が循環する1次系配管に付着した放射性物質の除染作業の準備から取り掛かる。県は昨年12月、安全確保など5項目を条件として廃炉作業計画を了解していた。

 四国電は「安全確保を最優先に取り組む」とコメントした。新型コロナウイルス対策にも気を配るとした。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 東京、新規感染2001人 (1/15)

     東京都は15日、新型コロナウイルスの感染者が新たに2001人報告されたと明らかにした。2千人台に上ったのは今月9日以来6日ぶり。累計は8万2069人となった。70〜90代の男女10人の死亡も確認され...

  • コロナ感染拡大、収束見通せず (1/15)

     国内で初めて新型コロナウイルスの感染者が確認されてから15日で1年を迎えた。累計の感染者数は30万人、死者は4千人を超え、収束が見通せない状況が続く。欧米に比べて感染者や死者数は少ないが、アジアの中...

  • 大阪で568人感染、12人死亡 (1/15)

     大阪府は15日、新型コロナウイルスに感染していた12人が死亡し、568人が感染したと発表した。新たに確認された重症者は26人で1日の発表数としては過去最多だった。入院中の重症者も最多の187人となり...

  • 関電大飯原発4号機が再起動 (1/15)

     関西電力は15日、定期検査をしていた大飯原発4号機(福井県おおい町)の原子炉を再起動した。昨年12月に大阪地裁が国の設置許可を取り消す判決を出して国が控訴し、係争中の運転再開となる。2月中旬ごろに営...

  • 国内の新規感染、7133人 (1/15)

     国内で15日、新たに7133人の新型コロナウイルスの感染者が確認された。茨城、千葉、福井、香川、佐賀で最多を更新し、緊急事態宣言の対象地域以外でも感染が急拡大している。新規感染者が7千人超となったの...