ニュース

福島原発事故調査の学者解雇 仏、研究の自由抑圧と非難

2021/1/7 5:30

 【パリ共同】フランスの公的機関で東京電力福島第1原発事故の社会的影響に関して調べていたフランス人学者が昨年解雇され、仏日両国の研究者ら16人が6日、フランス紙ルモンドに寄稿し、研究の自由に対する抑圧だと非難した。

 ルモンドによると、社会人類学者クリスティーヌ・ファセールさんは2012年にフランスの放射線防護原子力安全研究所(IRSN)に採用され、パリ政治学院や東京工業大と11年に起きた原発事故の社会・政治的影響を探る共同研究などを行った。しかし昨年6月に「上司への不服従」などを理由に解雇された。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • グレタさん各国温暖化対応を批判 (1/26)

     【ロンドン共同】スウェーデンの環境活動家グレタ・トゥンベリさん(18)が25日、スイスのシンクタンク「世界経済フォーラム(WEF)」が主催したオンライン会合「ダボス・アジェンダ」に参加し、地球温暖化...

  • 米ワクチン接種、目標超え実現へ (1/26)

     【ワシントン共同】バイデン米大統領は25日、ホワイトハウスでの記者会見で、新型コロナウイルス感染症ワクチンの1日当たり接種回数について、目標の目安としていた100万回を超え、数週間以内に150万回を...

  • 国連総長、ワクチン公平分配訴え (1/26)

     【ニューヨーク共同】国連のグテレス事務総長は25日、スイスのシンクタンク「世界経済フォーラム(WEF)」が主催するオンライン会合「ダボス・アジェンダ」で演説し、新型コロナウイルス感染症のワクチンを世...

  • モデルナワクチン、英変異に有効 (1/26)

     【ワシントン共同】米バイオテクノロジー企業モデルナは25日、同社の新型コロナウイルス感染症ワクチンは、実験の結果、英国で見つかった感染力が強いとされる変異種に従来通りの効果が期待できると発表した。南...

  • コロナワクチンの開発中止 (1/25)

     【ニューヨーク共同】米医薬品大手メルクは25日、新型コロナウイルスワクチンの開発を中止すると発表した。開発を進めていた2種類のワクチン候補が、他社のワクチンと比べて免疫反応が劣っていたためなどとして...