ニュース

米、アリババへの投資禁止を検討 中国軍の影響下と判断か

2021/1/7 7:41

 【ワシントン共同】米紙ウォールストリート・ジャーナル電子版は6日、トランプ米政権が中国電子商取引大手アリババグループとIT大手の騰訊控股(テンセント)への投資禁止を検討していると報じた。中国軍と関係があり、安全保障上の脅威に当たると判断しているもようだ。トランプ大統領は政権交代前に強硬姿勢を強めている。中国の反発は必至で、関係は一段と悪化しそうだ。

 中国を代表する上場企業2社を投資禁止の対象に加えれば、金融市場に大きな影響を及ぼす恐れがある。禁止措置を求める国務省や国防総省は財務省と協議を続けており、悪影響を懸念し制裁を見送る可能性もあるという。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • ルネサス、半導体を代替生産へ (1/27)

     旭化成の工場火災で半導体の供給が滞っている問題を受け、ルネサスエレクトロニクスが、自動車向けの半導体の代替生産に乗り出す方針であることが27日、分かった。自動車メーカーに試作品を送るなど調整を進めて...

  • 東京株式 27日午前終値    (1/27)

    <225種>          28596円06銭      前日比  +49円88銭  <TOPIX>         1853.54        前日比 +05.54    

  • 為替相場  27日(日本時間11時30分) (1/27)

    11時30分現在        1ドル=             103円72銭〜          103円73銭    前日比  +0円08銭   1ユーロ=            126円08銭...

  • 日通、本社ビルの売却検討 (1/27)

     日本通運が東京都港区の本社ビルの売却を検討していることが27日、分かった。9月以降に千代田区へ本社を移転する予定で、現本社は賃貸ビルとして運用する計画だった。コロナ流行でオフィス環境が変化し、賃貸計...

  • 日航、古着燃料で初飛行へ (1/27)

     日本航空が古着を原料とした国産バイオジェット燃料を使った航空機を来月上旬に羽田―福岡線で飛ばすことが27日、分かった。日航などが昨年開発した新燃料で、国内では非化石燃料の製造も初めて。ただ、商業利用...