ニュース

母の子宮頸がん、子に移行 出産時の羊水吸入で発症

2021/1/7 8:34

 子宮頸がんにかかった母親が出産した際に、子どもが羊水に混じったがん細胞を吸い込み肺がんを発症した例を発見したと、国立がん研究センターなどのチームが7日、米医学誌に発表した。母親のがん細胞が羊水を介して子どもへ移行するケースが報告されるのは世界で初めて。チームは「生まれてくる子のためにも母親の子宮頸がん予防は重要だ」としている。

 チームは、1〜6歳のときに肺がんと診断された男児2人と、それぞれの母親の遺伝子解析を実施。子どもの肺がん細胞は、いずれも母親由来の遺伝情報を持っていることが分かった。

 2人の母親は出産時や出産後に子宮頸がんの発症が確認された。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • コロナ死者、初の100人超 (1/19)

     国内で19日、新型コロナウイルス感染による1日当たりの死者が104人になり、初めて100人を超えた。厚生労働省によると、重症者は前日から28人増えて1001人で、初めて千人を超えた。感染者は新たに5...

  • 自宅、宿泊療養17人死亡 (1/19)

     新型コロナ感染が確認された後、自宅やホテルなどの宿泊施設で療養中に症状が急速に悪化し、そのまま亡くなった人が昨年12月以降、少なくとも17人に上ることが19日、共同通信のまとめで分かった。無症状や軽...

  • 首相、病床逼迫解消へ最大限支援 (1/19)

     菅義偉首相は19日、新型コロナウイルス感染急増に対応するため緊急事態宣言の対象に追加した7府県の知事とテレビ会議で会談し、病床逼迫の解消に向けた連携で一致した。知事らは医療機関への経営支援などを求め...

  • 東京で16人死亡、重症最多 (1/19)

     東京都は19日、新型コロナウイルスの感染者が新たに1240人報告されたと明らかにした。累計は8万7914人となった。昨年12月19日から今月18日までの間に60〜90代の男女16人の死亡も確認され、...

  • 病床の半数、症状なし患者が使用 (1/19)

     医学部のある国公私立大学が参加する全国医学部長病院長会議は19日、大学病院の新型コロナウイルス患者受け入れ状況(6日午前0時時点)の調査結果を発表した。埼玉、千葉、東京、神奈川の1都3県では中等症・...