ニュース

ワクチン、高所得国に偏り WHO、全世界で接種を

2021/1/8 7:15
 WHOのテドロス事務局長(ロイター=共同)

 WHOのテドロス事務局長(ロイター=共同)

 【ジュネーブ共同】世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は7日、新型コロナウイルス感染症のワクチン接種がこれまでに42カ国で始まったものの、うち36カ国は高所得国と偏りが生じており、発展途上国を含む全世界での接種が進むよう求めた。

 WHOによると、テドロス氏は加盟国代表との定例会合の冒頭発言で、高所得国でのみ接種が進んでいることを「問題だ」と指摘。「いくつかの国はより高値で(ワクチン購入の)取引をしようとしており、状況は悪化している」と懸念を表明した。世界各地にワクチンが公平に行き渡るようにする取り組みを「台無しにしている」と非難した。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • 感染非拡大地域に支援要求 (2/25)

     島根県の丸山達也知事は25日、東京都内で記者会見し、新型コロナウイルス感染拡大地域に比べて島根のように感染を抑えている地域への財政支援が少ないとして、感染非拡大地域への飲食店や関連事業者への支援金制...

  • 東京23人死亡、340人感染 (2/25)

     東京都は25日、新型コロナウイルスの感染者が新たに340人報告されたと発表した。直近7日間で平均した1日当たりの人数は279・7人。累計は11万740人となった。60代〜100歳以上の男女23人の死...

  • 運動実施率59・9%に上昇 (2/25)

     スポーツ庁は25日、2020年度のスポーツ実施状況に関する調査結果(速報値)を発表し、週1回以上運動する成人の割合は59・9%となり、前年度から6・3ポイント上昇した。スポーツ庁の室伏広治長官は定例...

  • GoToの部分再開を検討 (2/25)

     赤羽一嘉国土交通相は25日の衆院予算委員会分科会で、停止中の観光支援事業「Go To トラベル」について、緊急事態宣言が全て解除されても、全国ではなく、新型コロナウイルス感染が落ち着いている地域で部...

  • スポニチ記者が給付申請を勧誘 (2/25)

     日本中央競馬会(JRA)の調教助手や厩務員が新型コロナウイルス対策の国の持続化給付金を不正受給した疑いがある問題で、スポーツニッポン新聞社大阪本社編集局レース部で、競馬を担当していた男性記者が、申請...