ニュース

東京円、103円台後半 

2021/1/8 12:12

 8日の東京外国為替市場の円相場は1ドル=103円台後半で取引された。

 正午現在は前日比45銭円安ドル高の1ドル=103円81〜85銭。ユーロは02銭円安ユーロ高の1ユーロ=127円27〜28銭。

 米長期金利の上昇を受け、日米金利差の拡大を意識した円売りドル買いが先行した。米株高で投資家のリスク回避姿勢が和らいだことも、相対的に安全な通貨とされる円が売られる要因となった。

 市場では「首都圏を対象にした緊急事態宣言で国内景気の冷え込みが警戒されており、一段の円安進展は考えにくい」(外為ブローカー)との声があった。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

経済の最新記事
一覧

  • イオン、就業時間中は禁煙 (1/25)

     イオンは25日、国内グループ115社の全事業所の従業員約45万人を対象に、就業時間中の全面禁煙を3月までに始めると発表した。国内の従業員の約9割に当たる。喫煙者の息や衣類に残ったたばこの成分を他の従...

  • 為替相場  25日(日本時間22時) (1/25)

    22時現在           1ドル=             103円77銭〜          103円78銭    前日比  −0円10銭   1ユーロ=            126円11銭...

  • コロナで就労時間が8・8%減 (1/25)

     【ジュネーブ共同】国際労働機関(ILO)は25日、2020年の世界全体での総就労時間が、前年比で8・8%減少したと発表した。週48時間勤務の常勤労働者に換算すると、2億5500万人が職を失った計算。...

  • トヨタ労組、総額9200円要求 (1/25)

     トヨタ自動車労働組合が2021年春闘で、定期昇給、手当を合わせた総額として全組合員平均月9200円の賃上げを求めることが25日、分かった。自動車業界の競争激化や新型コロナ流行による業績の悪化を考慮し...

  • 三菱自動車労組ベア要求断念へ (1/25)

     三菱自動車の労働組合が2021年春闘でベースアップ(ベア)に相当する賃金改善分の要求を見送る方向となったことが25日、分かった。ベア要求の見送りは13年春闘以来8年ぶり。販売不振に新型コロナウイルス...