ニュース

不妊治療への助成、1回30万円 子どもごとに6回まで、今月から

2021/1/9 15:58

 不妊治療への政府の助成制度が今月から拡充された。これまでは初回のみ30万円、2回目以降は15万円だったが、2回目以降も30万円に倍増。助成回数も子どもごとにリセットし、より使いやすい仕組みにした。不妊治療の経済的負担軽減は菅義偉首相が昨年の自民党総裁選時から訴えていた目玉政策で、2022年度からは公的医療保険の適用も始まる。

 対象は体外受精と顕微授精で、これまでと変わらない。助成を受けるには夫婦の合計所得が730万円未満という制限があったが、これを今月から撤廃した。事実婚も対象となる。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 民間病院、設備や人に制約 (1/24)

     新型コロナウイルスの感染拡大で病床の確保が喫緊の課題となる中、医療機関での患者受け入れが進まない最大の要因は、院内感染を防ぐのが難しい建物設備の構造や深刻な人材不足であることが24日、大阪府の民間病...

  • 福島高専がロボコン最優秀賞 (1/24)

     高等専門学校生が、東京電力福島第1原発の廃炉作業に使える自作ロボットの技を競った「廃炉創造ロボコン」の審査結果が24日発表され、福島県いわき市の福島高専のチームが最優秀賞に選ばれた。全国13の高専か...

  • アンモナイト新種の化石と判明 (1/24)

     北海道の三笠市立博物館は24日までに、羽幌町の約9千万年前の白亜紀の地層で見つかった化石が、アンモナイトの新種と判明したと発表した。殻がソフトクリームのようなユニークな形をしており、ラテン語で「蝦夷...

  • 東京、新規感染は986人 (1/24)

     東京都は24日、新型コロナウイルス感染者が新たに986人報告されたと明らかにした。3桁となったのは今月12日以来12日ぶり。累計は9万3890人となった。 都内は感染拡大に歯止めがかからず、1月は1...

  • 国内のコロナ死者、5千人超える (1/23)

     国内で23日、新型コロナウイルス感染症による累計死者数が5077人となり、5千人を超えた。昨年11月ごろから本格化した流行「第3波」の拡大に伴い死者の増加ペースが加速し、歯止めがかからない状況だ。 ...