ニュース

ハンド宮崎選手がコロナ感染 昨年12月、「死ぬのかなと」

2021/1/11 21:42
 宮崎大輔選手

 宮崎大輔選手

 ハンドボール元日本代表の宮崎大輔選手(39)が11日、音声配信サービス「Now Voice」(ナウボイス)を通じ、昨年12月下旬に新型コロナウイルスに感染していたことを明かした。「クリスマスかな。結構早いうちに悪化して、ちょっと本当に死ぬのかなと思いました」と述べた。

 宮崎選手は昨年11月に名古屋市内で知人女性に暴行したとして愛知県警に逮捕されたが、不起訴処分となった。コロナ感染と合わせ「昨年は人生で経験できないことを経験した」と話した。

 一昨年春に日本リーグの大崎電気を退団して再入学した日本体育大を今春に卒業見込みで、その後の所属先などは未定という。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

新型コロナの最新記事
一覧

  • 1244人感染、63人死亡 (3/3)

     国内で3日、新たに1244人の新型コロナウイルス感染者が確認された。東京316人、千葉164人、神奈川139人など。死者は東京19人、埼玉と兵庫で各8人など計63人が確認された。 厚生労働省によると...

  • 選抜大会中も選手らにPCR検査 (3/3)

     日本高野連は3日、第93回選抜高校野球大会の運営委員会をオンラインで開催し、新型コロナウイルス感染症対策としてPCR検査を、開幕前だけでなく大会中にも実施することなどを決めた。 大会前の対象は選手1...

  • 緊急事態宣言、2週間程度延長へ (3/3)

     菅義偉首相は3日、首都圏1都3県に発令中の新型コロナウイルス緊急事態宣言に関し、7日の期限を2週間程度再延長する意向を表明した。理由について、病床が逼迫していることを挙げ「国民の命と暮らしを守るため...

  • 台湾に初のワクチン到着 (3/3)

     【台北共同】英製薬大手アストラゼネカ製の新型コロナウイルスワクチンが3日、台湾北部の桃園国際空港に到着した。台湾にワクチンが届いたのは初めて。11万7千回分。 陳時中衛生福利部長(衛生相)は記者会見...

  • 「宣言延長すべき」と日医会長 (3/3)

     日本医師会(日医)の中川俊男会長は3日の記者会見で、首都圏1都3県に出されている新型コロナウイルスの緊急事態宣言について「期間を延長し、感染者の抑え込みを徹底するべきだ」と述べ、7日の期限での解除に...