ニュース

イスラエル接種、世界最速ペース 個人情報利用、既に20%超

2021/1/12 16:08
 5日、エルサレムで新型コロナウイルスのワクチンを接種する看護師(左)(共同)

 5日、エルサレムで新型コロナウイルスのワクチンを接種する看護師(左)(共同)

 【エルサレム共同】新型コロナウイルスの流行が深刻なイスラエルが、世界一のハイペースでワクチン接種を進めており、12日までに人口の2割に相当する約185万人が接種した。危機意識の強い国民性に加え、個人情報を把握する国民皆保険制度が奏功している。

 ワクチン接種は昨年12月20日に始まった。英オックスフォード大研究者らのデータベースによると、イスラエルの接種率は21・38%で世界最高。2〜4%の米国や英国に大きく差をつけている。

 イスラエルは、国民に保険組織「健康維持機構」(HMO)への加入を義務付けている。


  • 前の記事へ
  • 次の記事へ

 あなたにおすすめの記事

科学・環境・医療の最新記事
一覧

  • 5670人感染94人死亡 (1/22)

     国内で21日、新たに5670人の新型コロナウイルス感染者が確認された。厚生労働省によると、重症者は過去最多だった前日と同じ1014人。死者は94人。 感染者の内訳は東京1471人、神奈川731人、大...

  • ワクチン第1弾、2月中旬到着 (1/21)

     政府関係者は21日、確保を進める新型コロナウイルス感染症ワクチンの第1弾として、ファイザー製1万回分超が2月中旬に日本に届く見通しであることを明らかにした。菅義偉首相はこれに先立つ参院本会議の代表質...

  • 都、自宅療養者の支援強化 (1/21)

     東京都は21日、新型コロナウイルスに感染した自宅療養者の支援策について、無料通信アプリLINE(ライン)を使った健康観察や食料品配送を25日から都内全域で実施すると発表した。これまでは都が直轄の保健...

  • 近接感染、飛沫が6〜8割 (1/21)

     新型コロナウイルス患者と医師や看護師が近い距離で接する病室では、患者のせきや会話で出るしぶきが目や鼻の粘膜に付く「飛沫感染」が感染経路の60〜86%を占めるとのシミュレーション結果を、近畿大の東賢一...

  • 静岡で60代女性から変異種確認 (1/21)

     厚生労働省は21日、新たに静岡県の60代女性が、英国で拡大する新型コロナウイルスの変異種に感染したのを確認したと発表した。18日に変異ウイルスの感染者と分かった静岡県の60代男性の濃厚接触者だった。...